ほどほど庭の tayora koffie☕

子育て・仕事・趣味について ほどほど庭でお茶しながら話しませんか

カットは月1まででお願いします

わたしはくせ毛で縮毛矯正をしています。

 

中学生のときに髪を2つに分けて縛っていました。

縛った髪がブワンとしていたので、ある男子に「髪の毛、プードルみたいだな」と言われたの。

 

今プードルみたいと言われても、ショックではないと思う。

プードルといえばトイプードルを思い浮かべるし、ティディベアカットで愛らしい。

 

その頃プードルと言えば伝統的な「クリップ」と呼ばれるカットでした。

 

雑でゆるい絵ですみません。

クリップカットのプードル飼ってらっしゃるかた、ホントすみません。

f:id:tayorako:20180520221236j:plain

   プードル         たよらこ(中学生)

 

何よりそのときの言い方が、バカにした言い方だったのでグサッ。

この一言で髪がかなりのコンプレックスに。

 

高校生のときにアルバイトをして、縮毛矯正をしました。

その頃は矯正ではなく、ストレートパーマ。

板に髪の毛を貼り付けたりして、髪の負担が大きいわりに効果は少ないものでした。

 

それでも、ちょこちょこかけていたなぁ。

高校生のアルバイト代から捻出するには痛い金額だったし、髪は傷んで枝毛だらけになっちゃったけど。

 

現在の縮毛矯正は進化していて、薬もそんなに臭くないし、髪へのダメージも少ない。

かなりさらさらのストレートになります。

相変わらず3時間くらいかかるし高いけれど、それでも嬉しい。

 

 

2月に縮毛矯正をかけて早3ヶ月。

ブローが必要ない快適期間は通り越し、癖が出始めているので毎朝のブローがめんどう。

 

あー早く美容室行きたい。

でも梅雨入りする頃に行こ。

湿気でブワン度が高まるから。

それまでもうちょっとガマンだ( ̄- ̄)ウン!

 

そんなことを思っていたとき。

「カットに行きたいんだけど」と希生(けい/息子)。

「え?美容室行ってからまだ2週間ちょっとよ。」

「でも、こんなに伸びた」

 

ま…まぁね。

そりゃそうだろね。

 

もう少し短くしておいでよ、っていくら言ってもこだわりがあって、いつも長めなんだもん。

 

「1ヶ月に2回はムリよ( ̄▽ ̄;)」

「じゃ、いつならいい?」

「1ヶ月に1回…かなぁ。」

 

ため息&ムッとした希生の顔。

 

おいおい。

母なんて1年に2回か3回しか行けないんだぞ。

父だって1年に3回か4回(かなりみっともないので、もっと早く行ってほしいんだけど)なのよ。

 

なんで息子が月に2回なのよ。

 

「もうちょっと短く切ってもらうとか、もっと安いところでカットするとか考えてみて。」

母だってムッとしちゃうぞ。

 

 

希生が小学校4年生くらいまでは、わたしがカットしていました。

髪の量が増えて手に負えなくなったので、美容室に行くように。

 

小学生の間は(平日午後3時から6時限定の)1000円でした。

中学生も2000円とありがたいお値段でカットして頂けて。

高校生は、大人とほぼ同じ料金😱

 

 

小学生カットでお世話になっていた美容師さんがお店を辞められたときに、何軒かの美容室(お値段安め)を試してみたことがあります。

 

・1000円カット……雰囲気好きじゃない。切った髪の毛背中に入って気持ち悪い。

・A美容室……全く会話してくれなかった。時間が長く感じた。

・B美容室……カット後ちょっと伸びただけで髪型が崩れてる。

 

相次ぐ却下( ̄  ̄lll)キビシー。

 

「じゃあさ、床屋に行ってみない?」

と勧めると

「それは絶対やだ。なんでかは分からないけど嫌なんだ。」

 

あ~💦後悔2つ。

 

1 一度だけでも丸刈りにしておけば良かった。

2 床屋を経験させておけば良かった。

 

丸刈りは4.5歳のときにやってみたいと思ったら、時すでに遅しで「ぼく、ぜったいヤダ」と拒否られて断念。

ちっ、もっと早くにしとくんだった。

丸刈りしたらどんなだったろ。

見たかったなぁ。

 

 

わたしはもちろん、夫も美容室派。

希生を床屋に連れて行くという発想がなかったのですが、経験させておけば良かったな。

床屋のほうがいくらかお安い(お店にもよる)。

 

美容室としては小学生割、中学生割でぎゅっと客を引き付けて……の、大人料金よね。

そのための割引だものね。

 

カットしてもらいながら、美容師さん(30代男性)と話す時間は癒しだそう。

「髪を洗ってもらって、その後軽くマッサージしてもらうの、幸せ✨」

 

うん分かる。

 

 

 

 

この週末、高校のPTAやら学年保護者会やら、地区会やらと慌ただしく過ごしました。

 

授業も見てきました。

 

教科は英語表現。

授業はall English。

グループで一冊の絵本を読みます。

発音もだけど、みんな表現が豊かで上手~。

とっても楽しそう。

 

 

ん?

一人波に乗りきれてない子がいる………………

うちの息子………( ̄ロ ̄lll)

 

理解に乗り遅れてるのではなく、みんなのワイワイに乗れてない。

自分の殻を破けてない、というより破く気全くない?

そして前髪気にしすぎ。

 

あの頃のわたしみたい。

 

朝起きると先に起きている希生がヘルメットのように、キャップを被っていて驚きます。

「これ被っておくと、学校行くまでにだいぶボリューム落ち着くんだ」そう。

 

くせ毛のわたしと、直毛の夫のDNAを足して2で割って、くせがあるストレートという髪質です。

わたしだけに似なくて良かった。

 

髪のボリュームが多くてボワンとなるのが嫌なんですって。

授業中も髪のボリュームを抑えようと、手で髪全体をおさえたり、前髪を直したり。

 

 

ちなみに実父&義父は髪薄め(というか薄い)。

 

先日義実家に行ったときに

「今日、お父さんの髪を電動バリカンで剃ったのよ。」

と義母が言うので、口の悪い嫁はガマンが出来ずに

「どこを?」と聞いてしまった。

 

どうやら後ろのほうにちょっと残っている毛が伸びると気になるそう。

せっかく残っているんだから、剃らずに残しておけばいいのに…。

さすがに口の悪い嫁もその言葉は飲み込んだのであります(・ж・)

 

「希生は隔世遺伝でどちらに似ても、将来はヤバいなー(笑)」

「おじいちゃんも、希生くらいのときはたくさんあった。なくなるときはあっという間だぞ。アッハッハ。」と毎度言われています。

 

「そんなこと言われても嬉しくもなんともないよ。どうしようもないし。」と希生。

そりゃそうだ(笑)

 

 

 

髪が多すぎて悩んでいる希生が、将来どうなっているのかなぁ。

髪型を気にするお年頃になったことは成長(?)だわね。

 

 

それでもカットに行くのは月に1度でお願いします( ̄▽ ̄;)

もちろん財布の都合上。

よろしくね。

 

 

-------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

本日、登山家の栗城史多さんがエベレストで亡くなられました。

わたしと希生は栗城さんの大ファンでした。

 

講演会に行って話を聞き、握手をしてもらいました。

指9本ないその手は、小さくなったはずなのに大きくてがっしりしていて、たくましかったです。

 

ニュースを聞きしばらく放心状態で、涙がこぼれました。

危険な冒険に挑戦していても、栗城さんは必ず帰ってくると信じていました。

 

今日の記事を公開するかも悩みましたが、栗城さんならきっと立ちどまらない。

辛いときこそ笑って前を向いているはず。

 

栗城さんの挑戦について批判の声も多かったようですが、壁は自分が作るもの、だから壁を作らない。乗り越える勇気をもとう。

そのメッセージは、特に受験を乗り越えるときに大きな支えと力になってくれました。

 

心から感謝と共に、ご冥福をお祈り申し上げます。

栗城さんの魂がエベレストの頂上に辿り着いていることを信じて。

大好きな園芸店へ

久しぶりの園芸店。

f:id:tayorako:20180514113816j:plain

 

笑われちゃいそうですが…

駐車場に着くくらいから、胸がドキドキするんです。

 

 

え?

動悸じゃないですよ( 一一)

そういうドキドキもたまにありますけどね。

 

 

 

まさかこの歳でときめきを味わえるなんて…と嬉しくて、ドキドキ感が消えないように行く頻度を調節しています。

残念ながら夫と一緒にいてドキドキは…もうしません(* ̄∇ ̄*)

さすがにね。20年近くも一緒にいればね。

 

f:id:tayorako:20180514113901j:plain

             フローラ黒田さん

 

いつ行っても、花や木が生き生きしてる。

 

f:id:tayorako:20180514114244j:plain

この小屋持って帰りたいくらい素敵。

 

 

 

 

 

多肉の種類は写しきれないほど。

たぶん、あの方が見たら…

 

「まるで多肉の宝石箱やーーー!」

f:id:tayorako:20180514114401j:plain

って言うでしょうね。

わたしが言っておきました。

 

 

 

 

 

 

今回は探しものがありました。

 

 

 

 f:id:tayorako:20180514114547j:plain

 ジニア

 

 

一昨年に育てたクイーンレッドライムが可愛すぎて、種取りして発芽させようと何度も試みたのですが、なかなか芽が出ない💦

 

 

 

店員さんに聞いたらジニアは種取りからの芽出しは難しいのだそう。

誰かコツを知っているかたがいらっしゃいましたら、アドバイスください!

 

f:id:tayorako:20180514115118j:plain

 

どうしてももう1度会いたくて探しまくってました。

芸術的な花びら。

うっとり。

 

やっぱりここにはあった♡

うれしい~!

  

 

 

 

 

 

 

f:id:tayorako:20180514115249j:plain 

かなり長い時間徘徊して、悩みに悩んで苗を購入。

 

 

ピーマン・パプリカ・バジル。

ジニアにリナニア。

黄色いボンボンみたいな花はマリーゴールド。

 

 

 

 

 

1週間前の庭は…↓

f:id:tayorako:20180514120459j:plain

 

反省‥‥(* ̄∇ ̄*)

 

これからの時期、4~5日気を抜くとこうなっちゃいます。

 

 

 

 

 

苗を買ってきたので、やる気アップ。

よし、やるか!

本気出すぞ!

 

 

 

雑草抜いて、長く伸びた枝やツルは剪定。

 

 

やり始めたら止まらない。

 

 

買ってきた苗を肥料を混ぜ込んだ土に植える。

汗かくけど気持ちいい~。

 

 

 

 

チューリップがなくなって淋しかったので、差し色になる赤い花も買ってきました。

 

f:id:tayorako:20180514115905j:plain

ダイアンサス ノベルナクラウン 

美女なでしことも言われるそうで、花の色が変化する?かも…とワクワク。

 

 

 

f:id:tayorako:20180514120940j:plain

八重のマリーゴールド

 

わたしは丸くてフワフワしていたり、ヒラヒラしているものが好きなんだなぁ。

  

 

 

子どもの頃に着ていた服は、いとこのお姉ちゃんが着ていたお下がりでした。

スポーティーな服がほとんどで、自分の好みの服は入っていなかった。

 

誕生日に叔母が何でもいいから欲しいものを、と言ってくれたときに白いワンピースを買ってもらいました。

嬉しくて嬉しくて、毎日そればかり着ていました。

 

白いワンピースはあっという間に黄ばんじゃった。

 

 

今も油断すると可愛い服を手にしてしまうけれど、残念ながらアラフォーには似合わない。

 

年齢に応じた服を着たいとも思っているので、ヒラヒラやフワフワもほんの一部で(諦めきれてないけど)不相応にならないものを選ぶように心掛けています。

 

年齢を超えてぶっ飛んでいる服装をしている方を見ると、それはそれでカッコいいと思うけど、わたしにはその勇気はないので。

 

f:id:tayorako:20180514121143j:plain

セダムの勢いがすごすぎて、庭を占領されそう。

 

 

 

f:id:tayorako:20180514121255j:plain

クローバー

 

 

心地良い風も吹きながら、夏!?と思うくらいの日差しが降り注いでいます。

 

先日の仕事で油断していたら、初熱中症になり頭痛ガンガンで気持ち悪かったので、この時期の暑さにも注意しなければ。

 

 

 

 

明日明後日と高校のPTA関係へ出席でーす!

高校生になっても役員ってあるんだ…( ̄ロ ̄;)

 

あみだくじの運に助けられて3年間の役職からは逃れられたので、今年1年頑張ります。

洋服はくだけたものでないものを…という指定が本部から地区部を通って回ってきました。

 

ハッ、了解です!

希生(息子)の学校の様子も見られるかしら♡

 

色々ドキドキ(動悸じゃないよ)するけど、張りきって行ってきます。

 

 

 

応援のポチやブクマ。楽しくて優しいコメントやブクメを、いつもありがとうございます♡

 

いつ玉手箱を開けておじいちゃんになったのか

最近読者になってくださったかたがいらっしゃいますので、改めて自己紹介をさせていただきます😊

 

 

わたくし たよらこ

アラフォー。

幼保一体型園にゆるく勤務。

趣味は庭をいじくる、けしごむハンコ、エコクラフト、リース作りや粘土など。

どれもほどほどで広く浅ーく手をつけて楽しむタイプ。

息子が家を出たときには猫を飼おうと企み中。

 

息子 希生(けい)

※ブログ名つけてみました。色んな意味で実名に近いです。

希の意味 まれ。めずらしい。ごく少ない。うすい。かすか。 

生の意味 いかす。子をうむ。子がうまれる。物をつくり出す。

高1。完全文系。

社会と英語が好き。数学と体育が苦手。

趣味は読書、興味のあることの情報収集。

神社仏閣&ご朱印&日本庭園巡り。

文具にこだわりあり。

 

時々の出演なのでブログ名なし。

夫としては100点。家事協力してくれます。

父としての点数は……(自覚あり)。

趣味は美術館、映画&アニメ鑑賞。

猫よりは犬が好き。

 ※今まで主人と書いてきましたが、色々なかたのブログを見ていると夫が多いですね。気になって調べてみました。

旦那…親しい人と話すとき。

主人…目上の人と話すとき。

夫…公の場で話すとき。

主人でも大丈夫そうでしたが、これを機に夫と呼んでみます。

実生活ではお互いを名前で呼んでいます。

 

 

 

 

 

希生は中学時代、愛称「おじいちゃん」と呼ばれていました。

 

わたしから見ても、確かに中身はおじさんかおじいちゃんです。

動きも時々おじいちゃん(笑)

 

 

いつからそんなふうになったのか…一緒にいると分からないものです。

皆さんにご紹介しながら振り返ってみたいと思います。

 

 

 

【小3~4】

・小さいときから葉っぱや石が好き。綺麗なものを収集する。

・学童に置いてあった歴史漫画から中国歴史にはまる。

・日本の歴史にも興味を広げ、伝記や城図鑑などを読み始める。

 【小5】

・担任の先生が教えてくれたことがきっかけで、ご朱印を集め出す。

 

(この頃行ったところ)

・日光東照宮(何度も)

・沖縄の首里城

・宮城の仙台城や瑞鳳殿

有名じゃない小さな歴史建造物も色々

 

・どうしても欲しいと言ったら与えようと思っていたDS。必要とせずに過ごしました。

・友だちとはボードゲーム、鬼ごっこ(夏は水鉄砲持っての鬼ごっこ)、サイクリングなどで遊んでいました。

 

 【小6】

 ・修学旅行は福島の会津へ

グループ行動で御薬園に行きたかったけど却下…とかなり凹んだ様子だったので、その後家族旅行で福島へ行ったときに寄ってみました。

 

 

 

そのとき、ン…?と。

なんだこの違和感。

 

ホントに来たかったの?

ここに?

 

 

良かった。みんなが却下してくれて…。

( ̄▽ ̄;)

付き合わせていたらお詫びして回らないと…と思うくらいの渋さでした。

 

・御薬園 

f:id:tayorako:20180513204509j:plain

 

庭園を歩きながら弾んでいる足取りが面白くて、あちこちの庭園に連れて行くようになりました。

 

 

 

・福島の浄楽園

 

f:id:tayorako:20180513205014j:plain

 

 

f:id:tayorako:20180513205052j:plain

 

お抹茶を頂きながら「あ~😊」というわが子。

面白い。

 

【中学】 

・テレビで特集を見て若冲展に行く。

・入院時に読んでいた本が「伊藤若冲」「世界遺産」「日本の絶景&秘境」「趣味の文具箱」「CASA」などであったため看護師さんたちから驚愕される。

・幼なじみと地域の神社仏閣を自転車で回るツアーをする。

・修学旅行の持ち物にご朱印帳を許可してほしいと先生に談判する。

・修学旅行で中学生はほとんど訪れないであろう常寂光寺を熱望して行く。

・近所のホームセンターで黒松を購入。

「今から大切に育てたら、僕がおじいちゃんになるころに、どんなふうに育つかな」

 まさかこんなに早く、おじいちゃんになるとは思わなかったね。

 

 

 

 

元気に育つ黒松くんに鉢を…と益子陶芸で作ったのが、1年前。

 

f:id:tayorako:20180514090153j:plain

黙々とろくろを回す

 

 

・益子でミニ盆栽ウメモドキちゃん購入

f:id:tayorako:20180514091856j:plain

 

 

焼き上がって届いた陶器

 f:id:tayorako:20180514090038j:plain

 左が黒松くん用鉢

右は茶碗

 

 

 

夏の暑い時期に鉢替えするのは、植物にダメージが大きいので我慢。

受験期に突入してしまったので、鉢替えに最適な時期まで待つことに。

 

 

 

 

そして先日、やっと鉢替え。

 

初の鉢替えだったので、盆栽相談デーに合わせて鉢と盆栽を持参してアドバイスを受けながら、鉢替えをしてきました。

 

 f:id:tayorako:20180514093432j:plain

before

元気すぎてボッサボサ。

 

 

 

f:id:tayorako:20180514093536j:plain

 

after

シュッとして存在感のある盆栽になったね~。

鉢もいい感じだね。

剪定の仕方、肥料のあげ方などもアドバイス頂いたそう。 

 

 

 

 

周囲に、盆栽を育てている人はいません。

 

わたしは希生を通して、盆栽含め知らなかった世界を見ることが出来ています😊

 

 

 

どこからおじいちゃんになったのか分かりました?

 

 

玉手箱開けたわけじゃないんですね。

じわりじわりと煙に巻き込まれていった。

 

 

そんな感じですかね(* ̄∇ ̄*)

 

 

 

公園とか〇〇ショーとか、遊園地とか。

子どもが喜びそうなところにはほとんど興味を示してくれなくて。

楽しめるところ=興味のあるところを見つけて回った。

 

一人っ子ならではの特権かもね。

兄弟がいたら、その子のためだけに行動するのは難しい。

 

 

元々持っている気質。

一人っ子などの要素。

人と違うことを楽しんじゃうわたしたち夫婦の性格。

周囲の影響…色々なものが合わさって、息子は15歳でおじいちゃんになりました。

 

 

渋いもの…というか和が 好きなんだなぁ。 

 

 

 

 

これから海外に羽ばたく(かもの)ときに。

日本について知っていることは、彼の大きな武器になるのではないかと思っています。

 

 

 

 

お子さんをおじいちゃんまたはおばあちゃんにしたい方は参考にしてください。

 

 

え?

 

 

そんな人いない????

 

 

けっこう面白いですよ(* ̄∇ ̄*)

 

 

 

 

 

 

 

フレミーさん(id:flemy)に頂いた絵と希生の盆栽をコラボしてみました。

 

f:id:tayorako:20180514171048j:plain

 

f:id:tayorako:20180514171122j:plain

 

なんて幸せ。

いつも見える場所にふきちゃんがいてくれる♡

  

f:id:tayorako:20180512215705j:plain

フレミーさん、ホントにありがとう♡

 

 

 

 

もっと大きくして壁に飾ることも考えましたが、どうしてもしたいことがあって写真立てに飾らせてもらいました。

 

 

これ↓

 

手前のカップから煙が出ているみたい♡

フレミーさん、どうやって描いたんだろ。

 

f:id:tayorako:20180514171258j:plain

 

ねーねー ふきちゃん、いつでも一緒にお茶できるでしね。

ルマンド食べるでしか?

 

日曜日にこのお皿見つけたとき、悶絶したでし。

 

f:id:tayorako:20180514171440j:plain

 

また目つきが可愛くないって?

それがいいの♡

 

 

楽しいワクワクがまた増えた。

幸せだな。

 

 

玉手箱の煙はわたしにもじわじわならぬモクモクと来てるけど。 

 

ゲホゲホ。

 

 

 

 

こんな、わたしと家族です。

末永くよろしくお願いいたします😊

 

 

 

お弁当とけしごむハンコのジタバタレポ

いつからブログが生活の一部になったのだろう。

自分の知らなかった世界、考え方、風景。

 

ハッとする。

ワクワクする。

 

共感する。

 

ブログを始める前の自分と比べると、たくさんのことを知り、たくさんのかたと出逢えました。

 

始めてみて良かった。

そう思ってます😊

 

ブログを通して出会ったかたたちは、才能溢れるかた、細やかで丁寧なかた、ユーモアのセンスが光るかたでいっぱい。

 

 

わたしときたら、楽しむことを目指すという言い訳のもとにテキトーなもの作って満足してる。

反省……(  ̄▽ ̄)してない顔。

 

これからゆるい報告続きますが、ゆるしてね😋

 

 

 

 

お弁当レポ

 

まずは、葉月さん(id:s-kumakuma)と約束したお弁当レポ。

高校生のお弁当作り開始して、1か月半。

 

ヨシケイメニューを週に2~3日頼んでいるわが家は、その日その時食べる分を作ることが基本でした。

カレーさえ1回分しか作らないことも。

 

同じメニューが続けて並ばないことをヨシとしていたのですが。

お弁当作り開始に伴い、みなさんを真似て作りおきをはじめました。

 

やってみたら、夕飯のおかずは1品増えるし、翌朝の息子の朝食も前日の夕飯やお弁当とかぶらないで用意できる。

 

そして、お弁当作りがスピ~ディ~♡

 

 

 

ふっふっふ。

粗が見えないように小さく縮小した画像。

 

f:id:tayorako:20180507102202j:plainf:id:tayorako:20180507102232j:plain

f:id:tayorako:20180507102325j:plainf:id:tayorako:20180507102354j:plain

詰める作業にセンスがない。

ごちゃっとしてるなぁ。

 

よーく見ると苦し紛れに冷食1品追加しちゃった日もあります。

(* ̄∇ ̄*)反省………してない顔。

 

 

それでも、ブログでお弁当レポするぞ!思うだけで冷食を入れようと思う気持ちに歯止めがかかる。

読んで下さるみなさんのおかげ。

ありがとうございます。

 

 

葉月さーん、どうしたらごちゃっと感がなくなるの~!わっぱが深くて詰めづらいの。

アドバイスよろしくお願いします♡

 

 

 

 

 

そしてある日。

ヘッヘー♡

 

f:id:tayorako:20180507102948j:plain

 

フレミーさん(id:flemy)の真似して抜型使ってみました。

 

flemy.hatenablog.jp

 

男子なので魚にしてみた。

 

f:id:tayorako:20180507103103j:plain

 

息子に知られたら叱られるかも…とこっそり投入。

 

 

 

わっぱレポ

使い心地、いいです。

特に問題なし。

蓋がピタリと閉まらないので、液漏れが心配でしたが、今のところ大丈夫。

ご飯はプラ弁当箱に入れるより、多少ですがほぐれやすいみたいですよ!

蓋を開けるたびにふわ~んと木の香りが漂うのが癒しらしいです。

 

持って帰って来るのを忘れることだけは、カンベンね。先月ぼくちゃん一度だけやらかしたので。

梅雨時だったらカビ生えたかも😱

 

 

 

 

 

帰宅後…

 

 

 

「やってくれたな」 ( ̄ヘ ̄)

 

 

 

ハッ…

(  ̄▽ ̄)えへ

 

 

「えへじゃないよ。

蓋開けて焦った。

恥ずかしいからやめてよね。

ゴマで目とか何なんだよ。」

 

 

 

 

やっぱり叱られた。

 

mamanさん(id:mamannoshosai)息子たち、母の愛情に対して冷たいですわね。

(*T T)あんまりですわよね。

また入れてやる。mamanさんも紫キャベツのマリネまた入れちゃいなさい。

 

今度はお弁当をうみみたいにしてやる。

おさかないっぱい泳がせて🐟🐟🐟

 

 

 

 

 

 【けしごむハンコレポ

フレミーさんとは巾着のけしごむハンコを押したらレポしまーす♡とも…。

 

でもね。

見ちゃったんですよ(  Д ) ゚ ゚

 

けしハンの趣味一緒~っ喜んでいたら。

以前の記事に芸術的なけしハンがあったのを!!

 

flemy.hatenablog.jp

 

 

 

フレミーさんのけしごむハンコはアート。

わたしのはお遊び(* ̄∇ ̄*)

 

 

新作ホリホリはGWに時間なく、在庫はんこでペタンしました。

 

 

 

f:id:tayorako:20180511180400j:plain

 

 

題して

『ハリネズミ、四つ葉のクローバーを見つける🍀』

 

 

こういうのを園に持って行って「かわいい」って気付いてくれるのは、女の子。

 

女の子って小さいときから、かわいいセンサーついてるし、気付くセンサーもついてるのね。

 

わたしゃ女だけど、中身は男に近いのでセンサーは不良品。

 

 f:id:tayorako:20180511181112j:plain

 

ハンコのインクは布用を使用して、アイロンかければ洗濯しても大丈夫。

 

 

f:id:tayorako:20180511182057j:plain

 

息子が小さいころには名前ハンコを作って持ち物に押したり、上履きに押したり。

お名前シールに名前ハンコを押しておいて、必要な時に貼ったりしていました。

 

小学生の頃はそれなりに息子も喜んでくれたけれど、今やったら大変なことに…

「やってくれたな」 ( ̄ヘ ̄)×2

なります(笑)

 

 

 

 

主人のお友だちの娘さん(小1)がわが家に遊びに来たとき、パパ同士がオタク(ガンダム)会話に花が咲いていたので、わたしが一緒に遊んでいて。

 

好きなハンコをペタペタ押してカードを作ったりしてました。

 

「どんなはんこほしい?」と聞いたら「んー……おはな🌼」と言うので

「いーよ。おばちゃん作ってあげる。

紙に描いてみて。」

 

 

目をキラキラさせて、お花の絵を描いているのを見て「女の子もかわいいなぁ」と思いました。

 

f:id:tayorako:20180511182611j:plain

 

 

隠してある部分にローマ字で名前を彫ってあります。

木のスタンプ台をアロンアルファでつけたら、お土産に。

 

 

こんなので、すっごく喜んでくれたの。

「ありがと」って照れながら。

 

楽しかった~。

こちらこそありがと。

 

 

友だちの娘ちゃんたちにも、名前は覚えてもらえなくても「ハンコのおばちゃん」か「バック(エコクラフト)のおばちゃん」で覚えてもらってます😊

 

 

おばちゃんはね。

つれないヘンな息子しかいないのでねぇ…。

喜んでくれる人がいるってだけで幸せになるの♡

 

 

 

よく分からないレポになってしまいましたが、現場からは以上です!

 

 

 

 

 

 

 

と、記事をアップしようとしていたら、ピーンポーン。

ん?

誰か来た?

 

 

 

 

 

え???

わが家の庭にふきちゃんが遊びに来てくれた!

 

flemy.hatenablog.jp

 

 

泣きそうというより、感動で涙ぽろりん。

ふきちゃーん。ぎゅ。

苦しいでしか?すまんでし。

 

f:id:tayorako:20180512205145j:plain

ふきちゃんとお茶したほどほど庭。

また来てね♡

違う草と花、準備しておくね。

 

素敵なプレゼントありがとう。

 

会員証もふきちゃんの絵も素敵すぎて言葉に出来ない。

絵は部屋に飾るときに改めてご紹介しますね。

 

会員証


f:id:tayorako:20180512215733j:image

 

会員規則守ります♡ 

フレミーさん、どうもありがとうございます。 

 

 

 

 

このブログを読んでくださっているかたみなさんとも、出会えたことは特別なこと。

 

こんなブログに辿り着いてくださって、ありがとうございます。

心から感謝。

 

 

遅い時間にIDコールしてビックリさせてごめんなさい。

読んでくれるのはみなさん、お時間あるときで大丈夫ですからね。

では、おやすみなさい☆

 

 

 

 

 

アクティブラーニングの理想と現実

教育改革が進む中、アクティブラーニングが注目されています。

 

アクティブラーニングとは教師による一方的な指導ではなく、生徒による体験学習や教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワークを中心とするような授業のことです。

 

日本では長年、静かに座ってノートをきれいにとっている生徒が良いとして評価されてきました。

 

息子と参加した大学フェアの『国際系学部の選び方』という講演会でも「海外の授業で、静かに座って発言をしないでいると評価がもらえないことが多い。日本とは違うので気をつけてください。」という話がありました。

 

次の目標へ - ほどほど庭の tayora koffie☕

 

日本も少しずつ変化しようとしています。

 

社会に出れば必要な自主性・主体性・創造性を教育の中でも育てる。

これから迎えるグローバル社会に対応するためにも。

 

 

実際に、身の周りの教育現場でどのように取り入れられていますか?

 

 

昨年、息子の公民の教科書が面白いという記事を書きました。

 

www.tayorako.com

 

公民の教科書には、『3匹の子豚』以外にも『アニマル大国の危機を救おう』という国と国の資源を巡る問題について提起するテーマも載っていました。

 

デイリー六法が大好物な息子。

どちらについても受験勉強の合間に、自分の考えをまとめて楽しんでいました。 

 

 

 

中学校での勉強もまとめに入っていた頃に

「そういえば、社会の時間に(3匹の子豚などについて)みんなで話し合ったりしたの?」と聞きました。

「いや。」

「え?1つも話し合ってないの?」

「話し合うどころか、授業が最後まで終わるかどうかだよ。」と息子。 

 

社会って歴史・地理・公民と大ボリューム。

たしかに授業を限られた時間で終わらせることって難しいの(?)かもしれない。

 

でも…もったいないなぁ。

アクティブラーニングの素材として、すごく楽しめそうなのに。

 

 

「これが現実だよ。

各自で教科書を理解でもして学校に行かない限りは無理だと思う。」と息子。

 

 

※全ての公立中学が当てはまるとは思っていません。

現段階では公立と私立の差。各学校ごとの差は大きいと思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

そして高校の世界史が始まっています。

始まる前から、ウキウキのとまらない様子。

 

「今日1時限目に世界史!」

何回言ってんだ(( ̄▽ ̄;)

 

授業が始まったばかりの頃、嬉しそうにプリントを見せてくれました。

要約して書きます。

 

世界史の授業について 

 

世界史の授業はアクティブラーニングを取り入れて実施します。

ポイントは1.自ら思考する

     2.他者とコミュニケーションを取りながら学習する

     3.教え合う

聞くだけの情報は定着率がたったの2%(ノートをとる等で多少は向上しますが)。

最も学習効果が高いのは「教える」ことです。

 

これまでの授業から、個人で出来ることはなるべく排除します。

この授業方式は授業だけでは完結しませんので、家庭学習と授業の「黄金のサイクル」をつくり上げてください。

 

 授業の流れは復習テスト

グループでのプリント作成。

そしてジグゾー法というグループのメンバーがバラバラになって、各グループで考えた答えを教え合う作業

全体での発表

解説

音読

復習だそう。

 

教科書内容は各自、自主学習の中である程度理解してくるということですね。

 

「思っていたような授業!」と歓喜する息子。

良かったねぇ😊

 

 

 

それくらいの興奮と心意気、数学の授業にも持ち込めないですか??

・ 

実は😊!

数学もこの世界史の授業と同じ『教える』という最強の方法で家庭学習することになりました。

ちょっとだけ、始まっています。

それはまた後日、改めてご報告します。

 

 

 

 

 

家庭でもアクティブラーニングは出来ます。

 

 たとえば「休日に家族で公園に行く」という計画を立てる場合。

計画の大半あるいは全てを、子どもの判断で決めていきます。
まずは親が子どもに1つずつ解決すべき課題
「公園で何をするか」
「どこの公園に行くか」
「何を持って行くか」などを提示しましょう。
 
1つ目に取り組む課題が決まったら、子どもを中心に皆でブレインストーミング(1つのテーマに対しお互いに意見を出し合う)をします。
「できない」「行けない」といった検討は後回しにして、たくさんのアイデアを出すのがコツ。
 
親は「~の場合はどうする?」などのシナリオや事例を与えて、子どもがアイデアを出せるよう支援します。
 
その後、家族の経験や知識、インターネットを利用して「実際にできるのか」「実際に行けるのか」などについて、情報を集めて検討します。
 
その中でコンセプトマップを作成し、やりたいことや行き先を決めましょう。
 
公園から帰ってきたら、ミニットペーパー(短いコメント用紙)で家族それぞれが感想や意見を書き、発表し合います。
 
もし解決すべき課題が指摘されたら(「思ったよりも暑くてたくさん汗をかいて、服がとても濡れた」など)、問題解決学習やロールプレイ、シミュレーションを用いて検討し、次回のおでかけに活かしましょう。
 
       STAGE〜人生の舞台で輝くためのライフスタイルマガジン〜より引用

 

 

ここまで出来ればすごいけれど…やってられませーん、というかたも多いでしょうから、出来る部分だけでも取り入れてみるといいかもしれません。

子どもの年齢によって取り入れられる項目も違ってきますね。

 

 

わが家では普段のお出掛けには活用していませんでしたが、旅行に行く際に同じようなことをしていました。

 

・行きたい場所をみんなで意見を出し合って決める。

・その場所の本を買ってきて、それぞれが行きたいところに(各自色別の)付箋をつける。

・その地域の歴史や名産を調べる。

・付箋の付いた場所をみんなで確認し(3人の意見がなるべく均等に入るように)行く場所を選ぶ。

 

 

 

そのときはアクティブラーニングを意識していたわけではありません。

参加型にしたら楽しいかな…と思っただけ。

 

大人だけが考えて子どもを連れまわすのも、子どもの思いを尊重しすぎて大人が我慢するのもつまらないなって😊

 

息子が小学校中学年くらいから本格的にこの方法を使うようになり、3人で考えてあちこち行っています。

 

長野から富山、新潟を車で周った北陸旅行(息子小6)は特別に楽しかったので、今でも話題にたくさん出ます。

 

 

『北陸旅行』

 

f:id:tayorako:20180426111139j:plain

蕎麦打ちして

f:id:tayorako:20180426111359j:plain

こいのぼりクラフトして

f:id:tayorako:20180426111556j:plain

星空と雲海見て

f:id:tayorako:20180426111705j:plain

息子憧れの白川郷に行き

f:id:tayorako:20180426111818j:plain

バスに酔いながら立山黒部アルペンルートへ

 

貧乏旅行のため車で4日間1110㎞走りました。

帰りの高速でトラックからの石はねに遭って、車のフロントガラス交換という痛いオチつきの思い出旅行です。

節約したのに、結果めっちゃかかってるっていう( 一一)

 

賛否両論でしょうが、小学校までは家族旅行のために年に1~2日(平日)休ませちゃっていました。

学校で学べないこともたくさんある!

家族で過ごせる時間って貴重だと思っています。

中学校以降はなかなか休めないよ~。

 

 

 

わたしは横文字苦手。日本語も語彙が少なめ💦

アクティブラーニングなんて長ったらしい名前で呼ぶから、ちょっと遠い存在みたいな気がしますが日本語訳では『能動的な学習』です。

 

もっとくだけて言えば『みんなで参加して楽しもうぜ学習』!

 

 

社会や学校だけに頼らず、家庭でも出来る部分に取り入れていきたいですね♡