ほどほど庭の tayora koffie☕

子育て・仕事・趣味について ほどほど庭でお茶しながら話しませんか

告白

母になって15年。

子育ては楽しいときばかりではありません。
ダメな母の日も、頑張った母の日も、母を投げ出したくなった日もあります。


最近は息子の体のことを心配したり、受験のことで一緒に悩んだりはしていますが、穏やかに過ごせる日が多くなりました。
息子も成長しているし、同時にわたしも母として成長してきています(たぶん)。



息子が産まれてから、ずっと穏やかに過ごせているわけではありません。
特に何度かあった子育て低迷期には一人で頭を抱えていたように感じます。



わたしにとっての子育て低迷期第1期は良く言われる〝魔の2歳〟なのですが、この時の悩み、たぶん他の人とは違いました。同じ思いの方がいたら嬉しいな・・。


魔の2歳は何でも「イヤイヤ」の第1次反抗期をさすことがことが多いと思うのですが、息子の場合「イヤイヤ」はあったものの、そんなに大変ではありませんでした。


大変だったのは、極度の人見知りと泣き虫。
息子が産まれたころが、主人にとって仕事が1番忙しかった時期だったので、主人に懐くこともあまりなく、家の中でさえ「ママ、ママ💦」な毎日でした。


社会性をつけさせようと、毎日のように子育て支援センターや公園に出かけても、わたしにピタっと貼りついて離れない。
家にいても、外に出てもずっとくっついている。
今思いだせば可愛いし、一時のことなのですが、その時のわたしはモヤモヤしていました。


〝どの子も楽しそうに遊んでる。友だちとおもちゃの貸し借りまで出来るのね。どうしてうちの子はこうなのかしら・・。〟


滑り台をしたくて階段に登ろうとするけれど、誰かが後ろから来ると登れずにずっと譲ってる。
譲ってるというより、自分が登るタイミングをつかめないで困ってる。

この子は社会なのかで生きていけるのだろうか・・と壮大な悩みにまでふくれました。




泣き虫は子どもなのですから仕方ないのですが、泣く理由が意味わからない。
「そろそろご飯だから、おもちゃを片づけしよう。」と言った言葉で泣く。
「お母さん、ご飯の支度をするから、ちょっと待っててね。」で泣く。

生後半年で始まった人見知りと後追いが2歳になっても続いてる。疲れる・・。


そして、泣き始まると長いのです。
気持ちの切り替えが下手でした。
よしよしと気持ちに寄り添っていると、いつまでも泣きます。
かといって、少し距離をおこうと突き放しても泣きます。

あ~~~、どうすればいいのだ!💦




育児の悩みを誰かに話そうにも、両親も義父母も「こんなにおとなしくて、いい子はいないね~。」と言います。
周囲のまま友は、わが子が走り回る、友だちに手を出すなど多動のほうで悩んでいる方が多く、うちの子の悩みなどちっぽけに感じている・・。

主人は仕事のほうが大変なピークで、鬱状態に入っていました。
あちこちの病院に通い、薬を飲みながら、毎日帰宅は夜の11時過ぎ・・・・言えません。



狭い個室に息子と2人で閉じ込められているような気分になる日もありました。
息子の泣き顔にイライラして、手をあげてしまいたくなる日も・・。


昔の子育てでは多かったかもしれませんが、わたしは子ども時代ゲンコツをされて育ってきました。
食べているときに、食べ方が悪かったり、テレビをボーッと見ていると箸の柄が飛んでくることもしょっちゅうでした。

父も母も厳しく、子ども時代のことを思い出すと叱られている・・というより怒られていることばかりが思い出されます。

父と母にも愛情はありました。
ただ愛情の表現が下手だったのだ、と思えるようになったのは、ごく最近のことです。

親に色々な面で押さえつけられている、と感じていました。




おこづかいのこともそうですが、自分が嫌だと感じたことは息子には同じ思いをさせたくない・・と強い思いを持って子育てしています。
でも、息子にゲンコツをしようとしている自分のグーの手を見て、唖然としました。

「わたしも同じことをするの?」
グーの手をそうっと降ろしたら、涙がこぼれました。



その頃住んでいた借家は小さい平屋でした。
ふすまで仕切られた部屋は2部屋。

息子が泣いて、イライラしたときには、息子を隣の部屋に移して、ふすま越しに泣き終わるのを待つことにしました。
危険のないように、ふすま越しに息子の動きや声を聞きながら・・・。

わたしがゲンコツをしないで済むために。色々なご意見があると思います。




はじめのころは、より一層泣いていた息子ですが、よしよしして抱っこしていても泣き終わるまで30分かかっていたのが、部屋を移すようになってから5分、10分で泣き終わるように。

泣き終わると、かわいい声で「ママ、もう泣いてないよ。」と言います。
ふすまを開けて、ぎゅーっと抱っこして「なんで泣いちゃったの?」と理由を聞きます。

「だって、〇〇だったから・・。」と息子が理由を言います。
「そっか。じゃあ、今度は〇〇しようね。」とか「でも、〇〇だからこうなんだよ。今度は泣かないで話してね。」と話します。

息子の泣き虫はこれで良くなったかというと、まったく良くはならず、小学校低学年くらいまで続きます。

ただ、切り替えの時間は少しづつ短くなっていきます。



友だちに話したら「〇くん(息子)だから出来るんだよ。うちの子だったら、ふすまを破って出てくるわ!」と言っていました。
たしかに・・。その子の特性によって、効果もあるかないか分かりません。
息子にとってもベストな方法なわけでもありません。




今だったら・・どうするかな。

「あ、また泣いちゃうの!?」と笑って見てあげられるかもしれません。



仕事で0.1.2歳児と関わっているときに、泣き顔もかわいいと思えるようになった今、自分の子育てをやり直したいな・・と思ったりします。


でも、やり直しはききません。





このときのこと、大きくなってからも息子に何度も話しています。

「お母さん、手を上げたくなくて隣りの部屋に閉じ込めちゃって。そうするしかなかったんだけど、ごめんね。」と。

息子は笑ってます。



やり直しは出来ないから、今を大切にしようと思っています。
だからこそ、人とは違っても、わたしなりの子育てを楽しんでいます。