ほどほど庭の tayora koffie☕

子育て・仕事・趣味について ほどほど庭でお茶しながら話しませんか

高校受験 地域の差

高校入試も地域ごとにずいぶん違うのですね。

その差について考えたことなく過ごしてきましたが、チラリと調べてみて驚きました。


わたしの住んでいる地域は、昨年の改革で公立高校の試験問題では理科・社会は時間が延長されたほか、難関・上位校では難度の高い学校選択問題が実施されました。

また公立高校の推薦入試は少し前に廃止になり、一発勝負の試験です。

私立受験では廃止になった“確約”が変化した(変わってない?)形で残っており、そのために親子で説明会や個別相談会に行かなければなりません。

夏休み前に中学校から配られた手紙にも、また保護者会でも「私立高校は個別相談会に参加・相談を必ず。」と書かれたり、何度も伝えられたりしました。


他の地域の方から見たら、わたしが書いてきた受験についてのあれこれは“えっ”と思うような内容だったかもしれませんね。


まだ推薦入試を行っている地域もたくさんあるみたいだし、公立高校の試験が二回受けられる地域もあるみたいで、詳しいことを知らないわたしは“いいなぁ”と。
そういう地域の人気校の受験倍率はすごく高くなるようで、どんな方法も一長一短なのだなぁと思いました。



学区がある地域もあるんですね。
わたしの地域では学区がなくなり、自由に選択できるようになって嬉しい反面、選べる幅が広すぎて大変です。


息子は分厚い高校案内を毎日見ては「ここのカリキュラムが面白そうだな~。」とか「ここも気になるな~。」とか夢を膨らませながらペタペタ付箋を貼っているので、どこまで説明会に行くんだろうと内心ハラハラ。


結局夏休み中には、北に電車で2時間弱(私立高校)、南に電車で約2時間(公立高校)の学校も見に行きました。
まだ両方の学校とも、息子の候補には入っています。


親子で説明会に行くことも、少し前にはそんなに活発ではなかったようです。

長年お世話になっている美容師のJさん。
我が家は3人ともカットの上手なJさんにお世話になっています。

受験についての話をしているときに
「そんなに親子で行かないでしょ。お母さんが一生懸命で(息子も)大変だねぇ。」とJさんに言われました。

その時は笑顔でかわしたのですが、家に帰ってから落ち込んでしまいました。


Jさんの息子さんは、小学生の頃から野球少年で、中学では部活ではなく外部のチームに加入。
チームのコーチと高校見学で野球部を見たり、友だちと学園祭を見に行ったりして高校を決めたそうです。

学力的にはそんなに高い高校ではありませんでしたが、そこで野球を思いきりやりながら、勉強も頑張り、成績はトップクラス。
今年の春、指定校推薦で日大法学部に入学しました。

大学選択も先生と相談して、日大にすると決めた後に報告されたとか....。
素晴らしい息子さんです。




そんな息子さんを持っているJさんには、母(わたし)と一緒に高校を選んでいる息子に違和感を覚えたのでしょう。

けれど‥‥息子の高校受験は息子主導です。
説明会も体験授業も、息子が行きたいと選んだ学校にだけ参加しています。

昨年参加した私立高校の体験授業では、友だちと参加する子もちらほら見かけましたが、今年参加した高校の説明会や体験授業には、友だちと参加している姿は見かけませんでした。
中には両親揃って参加している家族もちらほらと。

年々過熱しているのでしょうかね。
でも、Jさんの言葉がショックで主人にはポロリと本音をこぼしました。

主人は「気にしなくていいよ。悪気はないんだし。(息子に)寄り添って頑張ってくれてること、ありがたく思ってるよ。」と言ってくれました。



自分が経験したことが誰にとってもベースであることに変わりなく、わたしも自分の経験をブログに書き綴っているのですが、そのベースが全てではないと改めて思いました。

『わたしがこうだったから、こうだろう』とか『これが普通』とかいうことは、自分目線であって〝普通〟なんてその人それぞれだということです。



そんなショックな気持ちのまま、縮毛矯正に行くことをためらい、十数年ぶりに違う美容室へ行くことにしました。
わたしの髪はクセが強くて💦1番のコンプレックスなので、高校生くらいからずっと縮毛矯正をしています。
あちこちの美容室へ行ったけれど、縮毛矯正もカットもそしておしゃべりも。
1番腕が良く、心地よかったのがJさんでした。

Jさんがお店を変えるたびに、わたしも主人もお引越し。
息子がヨチヨチの頃から知っていて、標識が好きな息子のために美容室に標識の本を置いて下さったことも‥‥(今、思い出しました)。



初めて入ったその美容室は、家からも近いし、お店の雰囲気もgood。オーナーも奥さんも良い人で〝たまには、違うところでやるのもいいかも‥‥〟と思いました。

でも、数日後‥‥。
後頭部の髪の手触りが‥‥。
クセが伸びてない!
元に戻ってる(T_T)


やっぱりJさんのところに戻りたいなぁ。


しばらくした後に、主人がカットのため美容室に行きました。
帰宅後「Jさんが〝奥さんに申し訳ないことを言った〟って。」と主人。
「エッ、何か言ったの⁉」
「何にも言ってないよ。Jさんから〝その後、他の人にも聞いたら、今は親子で高校へ行くのが普通なんだよ〟って言われたんだって。」

そうなんだぁ‥‥。
やっぱりJさんのところに戻ろう‥‥(*^^*)


わたしも仲が良くなりすぎているために油断して、友だちに言い過ぎたかな‥‥と後から反省することもあります。

自分と相手と同じ価値観を持っていたら、安心して話しが出来るし、違う価値観を持っていたら、発見があって楽しいのですよね。
色々な方のブログを読みながら、新しい考え方や自分が思っていたことと同じことを思うかたの発見で嬉しくなったりしています。