ほどほど庭の tayora koffie☕

子育て・仕事・趣味について ほどほど庭でお茶しながら話しませんか

サンタとの出会い

息子に苦手な数学と理科を教えてくださるというサンタクロースが訪れたのは、先月のことです。



なんと、このブログを見てコメントをくださいました。


コメントを頂いたときはびっくりして。
どうしよう‥‥と思いました。


初めてのことでどうして良いかが分からない。
ネットで出会う人とむやみにコンタクトをとってはいけないと、息子の学校を通して学んだわたし。笑。

その方とコメントのやり取りをしたことはなく、初めてのコメントでした。




ウェブサーフィンしていたところ、こちらにたどり着きました。
他の記事も読んでみて、お力になれるかも?と思い、投稿してみました。
10年間 公立中の学生に理数を教えてきました(〇〇という塾の講師でした)。
得点-偏差値 換算表を作ったり、申し込み受付などしたことも あるため、北辰についても そこそこ詳しいです。
もし関心をお持ちでしたらご連絡ください。
特に必要としていなければ スルーして頂いて大丈夫です。




要約するとこんな内容です。
これに加えて、経歴や指導内容やが分かる場所へのアプローチ方法も教えていただきました。

こんな夢みたいな話し、現実にあるのかな‥‥?
ドキドキしながら確認してみます。


男の先生だ。
ベテランそう。
顔写真も載っている。
クチコミの評価も高い。



真剣に冬期講習を申し込もうかどうしようかと迷っているところでした。

考えれば考えるほど、ご縁を感じました。




記入されていた連絡先へメールを送ってみました。
わたしの素朴な疑問。
なぜ声を掛けて下さったのかを聞いてみました。


サンタクロース先生、ではなく以下S先生としますね。
S先生からの返信です。


ブログを読んでみて、よく頑張っているなぁと感じた。
出来るだけ頑張っている生徒をサポートしたいと思っている。


なんか、嬉しい。

わたしの心は動きました。




わたしの心は動いたものの‥‥難問が2つ。

①子育てブログを書いていることを知らない息子に、S先生との出会いをどうやって伝えよう。
②Skype開始への壁がわたしには高い。


先生との距離約600㎞!

会って教えてもらう訳にはいかないので。笑。
Skypeを使って授業を受けます。


実はオンライン授業への関心、少し前からジワジワとしていました。


そんなのあるんだ。
すごく気になるなぁ‥と。



でも、オンライン英会話が気になりながら3~4年経っていたわたしです。
1歩踏み込む勇気が出なかった。

タブレットでmanaboが精一杯。
これでもだいぶ進化したつもりでした。





S先生にこの2つを相談したところ、まずSkypeでの授業の様子をYouTubeにアップして下さいました。

S先生を同僚に勧められたと言って、息子と一緒にそのYouTubeを見ました。


話はそれますが、このブログのことはいつか息子に伝えようと思っています。
息子に見られても大丈夫なように、恥ずかしい内容は書いていないつもりです。
また、主人には「わたしにもしも急な何かがあったときには、息子に見せてね。」
と頼んであります。余談でした。



息子と一緒に見たYouTube。

先生の教え方が上手だということ。
分かりやすいということ。
穏やかな口調。

色々なことが分かりました。



やるでしょ!
と内心意気込むわたしに、息子は「しばらく考える。」と言いました。


お‥‥っと、いけない。
わたしが暴走しては。


待ちます。
週末2日。
その話題に一切触れずに過ごしました。