ほどほど庭の tayora koffie☕

子育て・仕事・趣味について ほどほど庭でお茶しながら話しませんか

スマホの渡しかた

中学卒業までキッズ携帯で乗りきった息子。

とはいえ、いつまでも避けて通れる時代じゃないし、スマホを持つことがマイナスなことだらけでもない。





本当に必要になったときがきたら渡そう。

ずっとそう思ってきました。





ついに‥‥その時期がきてしまった。





スマホとどう向き合う?

そして、どう渡す?




ううう‥‥
それが難しい(;゜゜)



みなさん、どんなふうに約束ごとを決めて渡しているのでしょう?








以前のブログで息子とこんな会話をしたことを書きました。



------------------------

スマホを持つ妄想でワクワクしている息子に提案。

「持つことに反対はしないけれど、ルールは必要だよね。」

息子「必要かもね。」

「そのルール、どうやって決める?」

息子「‥‥僕が考えてもいいの?」

「うん、いいよ。考えたものを原案にして、最終的にどんなルールにするか話し合おうよ。」

息子「いいね。」

「ルールは一方通行なものでなく、もし自分がお父さんやお母さんの立場だったら、どんなことを守ってほしいかを想像して作ってね。スマホを持つ意味も。」

息子「OK!よのなか科(スタディサプリ)で藤原先生の言っていたクリティカル・シンキングだね!」





受験を終える前には息子からの提案書が渡されました。
(・・;)ハヤクナイ?


卒倒するかと思ったその文書はデイリー六法のような、かったーい文面で、読むのも吐き気がするほど‥‥。





「あのさ、自分が分かればいいだけじゃなくて、相手が読みやすいかどうかも考えたほうがいいと思うよ。」とチクリと言うと「これのどこが読みにくいの?」と返答。


イラ。そういうところ嫌いよ。


「今は疲れていて読む気になれないから、あとで読むね。」と言い、その場はおしまいに。





夜、お風呂上りに深呼吸してその文書(笑)を読んでみると、わたしが考えていたことのほとんどが内容に組み込まれていました。

驚きました✨




翌日。


「内容読んだよ。良かったよ。」
息子「ふーん。」
「でもやっぱり読みにくいから、もう少し分かりやすくまとめてもいいかな?」と聞くと「それは別にかまわない。」と言うので、息子の文面を少し残しつつ理解しやすくまとめました。


内容はほとんど変えていません。
インターネットで調べながら書いたそうです。


はじめは、【1】や①ではなくて第何条の第何項とかだったので、これでもだーいぶ柔らかくして書き直しました。


100%変えちゃうと、息子の気持ちが反発にむかうことは分かっているので、あえて固さを残してあります。





管理規定(端末携帯機器所持関連詳細事項等管理規定)←ヤバい香りぷんぷん💦

【1】使用制限
1 以下の時間帯のスマホは使用を制限する
①食事中
②会話中
③勉強中(学習アプリは除く)
午後9時から午前7時 ( 時間外でも必要に応じて共同タブレットの使用は認める)
2 以下の場所でのスマホの使用を制限する
①自分の部屋
②寝室
【2】責任
1 契約時に決めた金額を超えた場合(未認定の課金を含む)は自分で支払う
2 紛失・破損した場合の修理は自分で支払う
【3】確認事項
1 人を傷つけることや人の迷惑になることに用いない
2 人物特定出来る画像のアップを自己他ともにしない
3 トラブルが発生したときには速やかに報告する
4 アプリを新規にインストールしたいときには相談する
5 SNS等を用いるときには、なるべく本当につながりたい人、つながる必要のある人とだけ連絡先を交換する
6 着信音や操作音はなるべくサイレントモードまたは小さくして、周囲に迷惑のかからないよう配慮する
7 親は査察権をもつ
【4】議決 ←議決って全員合わせて家族は3人しかいません💦
1 以下の状態が発生したときには親子双方の合意・承認を要する
①パスワードを変える
②刑罰を決めるとき ←刑罰とか重い言葉やめて~
③管理規定改正(追加に条約を発効するときも)
2 ただし【3】の1及び2の違反に対しては没収が適用され、これに関しては議決を必要としない
【5】未来 ←未来ってちょっとかわいい
1 学校内でのスマホの使用等については、必要に応じて追加の条約を考える
2 追加条約の発効・改正については親子で相談の上議決する




アンダーラインを引いたところは、わたしの予想よりも息子が決めたことのほうが厳しかったところです。

使える時間などは様子を見て変更していくつもりです。

紛失・破損に関しても、その状況によって責任の取り方を変えていこうと思っていますが、まずは息子が考えた案を尊重します。

緑の文字にした2か所については、わたしのほうから提案して息子に可決(笑)されました。





決めたことを後から緩めることは簡単ですが、後から厳しくすることは難しいと思います。

スマホに慣れてきて大丈夫そうと思ったら、その都度親子で話し合いをしてルールを変えていこうと思っています。









息子だけでなく、自分自身もスマホの使い方に気をつけなきゃ💨



わたしがしっかり向き合えていなかったら、息子に何も言えないから。



一番大切なのは、どんなルールを決めることよりも、スマホに向き合う親の姿なのだろうと思うのです。
未だガラケーのわたしですが(笑)(笑)



息子と一緒にスマホデビューの予定です!
色々ドキドキしています。




自らルールを作ることが出来た息子を信じて、Trying to スマホ debut!です(*^^*)o










いつも応援のポチやコメント、ブクマやブコメをありがとうございます♡


なかなか止まらなかった咳も落ち着いてきました(*^^*)