ほどほど庭の tayora koffie☕

子育て・仕事・趣味について ほどほど庭でお茶しながら話しませんか

家族でエンディングノートを書いたわけ

主人とわたしは長男長女です。
今は実家と実家の中間地点に住んでいます。


家を建てるときには、両家にお伺いを立てました。

一緒に住む?住まない?



両方とも一緒に‥‥と言ったら、みんなで住める3世帯住宅を建てちゃうつもりで!







義父母は近くに住んでくれればそれでいいと。
声を掛けてくれて嬉しかった、ありがとうと。


実父母は一緒に住みたいと言って、設計図を3つのハウスメーカーに書いてもらいました。
そろそろハウスメーカーが決まりそうっていうところでドタキャン‥という最悪なことに。


今は家族3人で小さな家に暮らすことになって、それで良かったと心から感じています。








お墓参りをしていたある日、ふと思いました。

お墓…どうしよう。



義弟は独身。
わたしの妹は嫁に行き、義父母と同居。


そしてわが家には息子が1人。



お墓は義実家・実家両方持っています。
どちらもご先祖様は入っておらず、からっぽのお墓。



このままでは将来、息子一人で2つの墓守を?

わたしたちの代はどうにでもなれ、息子が結婚するかどうかも分からない。
お嫁に来ていただけるかどうかも分からない。

そうなるとみんなで無縁仏になる可能性も??





歳をとると、話のタネは体の痛みにお墓の心配よ~と聞いてはいたものの、その時期がもうきたとは‥‥。


主人に相談するも、実感わかないため相談相手になりません( ̄- ̄)

わたしだって実感わかないけど考えているんでしょ。


想像力!






悩んで出した結果。 

親たちがどうしたいのかを残しておいてくれるように頼む。



主人も納得(何でもいい)。



あ~でも。
お願いしづらいなぁぁぁぁぁぁ。
…………| ̄|_






と、その前に自分たちはどうしたいのかを考えなきゃね。



エンディングノートを買いに行ってみると、種類がありすぎて迷う。


厚みがすっごい。


これはわたしでも書く気にならないわ。



だったら自分でカンタンなエンディングノートを作ってしまえ!と。

1枚の用紙にまとまるよう、絶対に必要と感じた項目に限りました。
(加えたほうが良い項目のアドバイスありましたら、ぜひ。)

エンディングノートならぬプリントですね。


f:id:tayorako:20180109101916j:plain:w300


家族3人で記入✏️

4年前のことです。



・病名の告知について
・延命治療について
・臓器提供について
・お墓や供養の希望について
・その他伝えたいことを書く


その時小6だった息子も、ちゃんと考えて書けました😊


予想以上にしっかりした考えがあって驚きました。


家族3人、書いた内容は微妙に違っていて「ほーなるほど。」とお互いに見合いました。


父や母に書いてほしいことがきっかけに書いたエンディングノートでしたが、書いてみたら生や死についてどう考えているのか

家族に対してどんな思いがあるのかが分かって、良かった😊





そして互いの両親に、わが家のエンディングノートを見せました。

「3人で書いてみたの。
お母さんたちも出来たら書いてみてね。」と。
作ったプリントも一緒に。


めちゃめちゃドキドキ。


4人が書いたのか書いていないのかは確認していません。
実母が書いていないことは知っています( 一一)
実父はたぶん書いている気がします。大きな病気をしたので。





わたしの中では、いつかお墓を1つにまとめたいなと考えています。

最近は両家墓というものもあるそうなんです。




宗派の違いなどがなければ出来るかもしれません。


金銭的にも難易度的にも、お墓の中がからっぽの今のほうが本当はいいんですけれど。


今すぐとなると、お墓を買った父や母たちの気持ちを踏みにじってしまうような気がして、言い出せずにいます。





最終的にお墓を継ぐ人がいなくなったら、息子には海へ散骨してOKと言ってますが、それはそれで簡単ではないのでしょうね。










昨年末に、同僚のお父様が亡くなられました。


「すごく悲しくて涙が止まらなかったけれど、涙を流していられる時間は本当に少なかった。葬儀屋さんとの打ち合わせなどで、すぐに現実に向き合わなければならなかった。」と話していました。



わたしは、1番身近でも祖父母の葬儀にしか出ておらず、自分が動かなければならない立場になったことがありません。



「これもしてあげたい。あれもしてあげたいと思うと金額は簡単に跳ね上がって、結婚式より高い金額を提示されて驚いたの。」と同僚。

父を失った悲しみで、何を選んだら正解なのかが見えなくなったそうです。



「元気なうちから、もしもの時のために家族で話し合っておくことの大切さを感じたわ。」と言っていました。

その言葉に共感。







わが家も、定期的にエンディングノートを書いていこうと思っています。



このゴールデンウイークに久しぶりに書き直そうと、4年前の書いたものを見直したので、今回こんな記事を………。



あぁぁ💦
GWなんだから、濃すぎる記事はやめようって思っているのに、つい。
今夜また、一人反省会します😱






【おまけ】

前回のブログでGWの中日が急なシフト変更で出勤になった件について愚痴らせていただきました。



‥‥‥昨日。





主任「たよらこ先生!本当にご迷惑お掛けしました。2日間助かりました。
自分がその立場だったら、嫌だったなって思って…」


と差し出してくれた小さな包み。



f:id:tayorako:20180502202523j:plain:w300



カワイイお菓子が入っていました♡


正直言うと、今までもガッカリ対応数知れず。


そのたびに凹んで「どうせ園にとって、私たちはコマよね( 一一)」と同僚と愚痴るほど、冷めた園の対応でした。


こんなことは初めてです。
その一言だけでもうれしい。


わたし「気を遣わせちゃってごめんなさいね。残り半日はりきりまーす♡」

主任 「ホントですか?良かった。よろしくお願いします。」



持ちつ持たれつ築く関係。
少しずつでも、前進しているような気がして嬉しいです。









明日から2日間。
父と母を連れて箱根へ行ってきます。


(  ̄  ̄;)‥‥‥。




楽しみー!は嘘だけど、せっかく行くんだから楽しめるように行動します。

ホントはちょっと距離取りたいけれど、ブログで愚痴る前にとっていた宿の予約なのでしかたないのです。




たぶん(というより100%)GWの箱根は激混みです( ̄▽ ̄;)


帰宅するまで、みなさんのブログにお邪魔できる時間が短いかもしれません。
後ほどゆっくりお邪魔します💛




GW後半戦。
みなさんにとって、良い休日になりますように♡