ほどほど庭の tayora koffie☕

子育て・仕事・趣味について ほどほど庭でお茶しながら話しませんか

自分を知る 

高校生に入って初めての三者面談がありました。

2年生へ向けての選択科目の確認、そして定期テストの個票が返却(  ̄▽ ̄ )

 

 

成績とともに面白いものが返ってきました。

 

R-CAPというキャリア教育実践ツールで、河合塾が開発した「新しい学力」を測定するテストだそうです。

 

変わりゆく時代にあって、自立した一人の人間・社会人として生きていくためには変化に対応できる力が必要です。

そうした力を育成するため、高校教育の現場でも基礎的な知識習得にとどまらず、知識の活用や創造性、生涯を通じて学び続ける基礎的・汎用的な能力(ジェネリックスキル)習得の必要性が様々なかたちで提唱されています。

学びみらいPASSは、いま求められているこのような「新しい学力」を多面的に測定するアセスメントテストです。

R-CAP for teens type S|職業理解と学問研究を深め社会で必要となる力を示唆します

より引用 

 

テストで8つのタイプのどこに自分の割合が多いのかが分かります。

 

※学びみらいPASSより画像を引用(希生のものではありません)。

http://r-cap_teens.riasec.co.jp/img/rt_s_1.png

8つの分類

P:パフォーマー(組織的)

D:ディレクター(影響的)

W:ウォッチャー(社会貢献的)

S:サポーター(支援的)

C:クリエイター(創造的)

A:アナライザー(研究的)

E:エンジニア(技術的)

F:フィールダー(野外活動的)

 

希生はAアナライザー(データや分析が好き)が約40%。やっぱり♡

そして25%を占めていたのがDディレクター(影響を与えるのが好き)でした。

 

 

次に、123もの職業の中からどれにどのぐらいの適性があるかをランキングで示してくれます。

http://r-cap_teens.riasec.co.jp/img/rt_s_2.png

高いに入っていたのは、国際機関、経営コンサルタント、ファンドマネージャー、環境コンサルタントなどでした。なんか、ワクワクしました。

 

逆に低かったのは、流通、薬剤師、看護士、シェフ、福祉など。納得だわ(笑)

わたしが子どもの頃には存在も知らなかった職業名がいっぱい!

 

 

学問・関心からの学問に対する適合度。

http://r-cap_teens.riasec.co.jp/img/rt_s_3.png

なんとビックリ、右下の文理傾向。

ほんのちょっとですが、文系的よりも理系的のほうが上回っていました( ・∇・)

 

学問適合度が高かったのは歴史学、法学、国際関係学と興味のある文系のもの。

そして物理学、航空工学、応用化学など理系のもが出ました。へーぇ。

全体的には予想通りでしたが、意外な部分もあり興味深かったし、面白かったです。

 

中学校で適職診断、そして職業体験がありました。

高校でもこういったツールに接することが出来るなんて…

今の子って恵まれていますね。

自分がやりたい職業と向いている職業の違いに気づいたり、学びの方向性のヒントになるかもしれません。

 

 

 

 

わたしは、ブログがツールになって自分と向き合っているのだろうと思います。

書くことで気づくことがたくさんあります。

 

息子(希生)も小さい頃から特性が際立っていましたが、わたしにもあります。

最近、それが特性なのか老化なのか分からなくなってきています。

  

 

【わたしの問題点&心配点】

①不安になると独り言が多くなる。

②歩きながら、後ろを振り返るのは小さい頃から(家を出てから鍵を閉めたか心配になって、戻ることもしょっちゅう)。

③予想していなかったタイミングで、急に目の前に誰かが現れると、びっくりして叫ぶか泣く(そっと帰宅した夫や希生に驚いて絶叫することはよくあります)。

④人とつながりたいのかつながりたくないのか分からなくなることがある。

⑤感情移入が激しく、実際に起こっているのかそうでないのかが分からなくなる(ちょっとしたホラーやドロドロドラマでも自分に起きていることのように感じて動悸や過呼吸になるので、特に映画館が怖い。途中で出られないから)。

性格は男っぽいのに心臓はちっちゃいよね、と夫によく言われます。

 

 

 

⑥大切なものをしまいこんで、どこに置いたか分からなくなる。

f:id:tayorako:20180616101810j:plain

↑先日のこれも(ハーバリウムオイル)

 

 

⑦買ったばかりの食材を、すぐにまた買った。

f:id:tayorako:20180611181949j:plain

あったっけ( ̄▽ ̄)?

 

 

⑧一目ぼれしたスカートを買って帰ってクローゼットを見たら、激似のスカートがあってビックリした。

f:id:tayorako:20180611182226j:plain

どっちもモスグリーンじゃ

 

 

 

 

⑨同じ失敗をまたした

f:id:tayorako:20180611182348j:plain

ほとんど同じスモーキーブルーじゃ…

クローゼット見るまで気づかないところが怖いです

 

⑩シャンプーまでしたのか、トリートメントまで終わったのか分からない。

 

 

挙げたらキリがなくなってきました。

どうしよ…ホントに。

 

 

 

 

 

話は戻ります。

面談で「心配なことはありますか?」と先生に聞かれたので

「クラスの中で浮いていませんか?」と聞いたらビックリしていました。

気を遣ってくれたのかもしれませんが、集団行動に疲れているようには見えなかったと。

体育祭や文化祭のときの盛り上がれなかった気持ち。ドッと疲れた思いを希生も伝えました。

 

「そう……。

 そうだったの~。」

 

先生が次に掛けて下さった言葉…

 

 

「だったら、頑張らなくていいわよ😊」

 

 

 

 

 

…え?

 

 

 

「みんなと同じようにワイワイなんてしなくていいわよ。希生くんみたいに思っている子は他にもいるわ。」

 

そんなことを言ってくれた先生は、今までいませんでした。

 

集団行動(行事への意欲、リーダーシップなど)について「希生くんなら出来るはず」「少しは努力してみようよ」って言われてきました。

 

 

「みんなが得意じゃない。苦手な子もいるわよ。それでいいのよ、無理することないわ。

ただ、ワイワイが楽しい子もいる。その子たちのことを認めてあげることは出来るかな。」

と。

 

希生は素直に「はい」と言ってました。笑顔がこぼれました。

 

帰り道「肩の荷が降りた。この高校を選んで良かった。」と希生が言いました。

 

わたしたち親子にとって、すごく嬉しい出来事でした。

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------

関西地域の皆さま、大丈夫でしたか?

不安な日々を過ごされているかと思います。

これ以上被害が大きくなりませんよう、余震が収まりますようお祈りしております。