ほどほど庭の tayora koffie☕

子育て・仕事・趣味について ほどほど庭でお茶しながら話しませんか

クツシタのあなが開いたなら

幼保一体型園で補助教諭しています。

暑さがようやく収まってきてホッ。

プール遊びがようやく終わった。

8月、出勤した日は必ず頭痛が起きていたのです。

水分を飲んでも飲んでも吸収されない感じでした。

 

 

1年のうちで1番好きな季節の秋。

食べ物も、着る服も、空に浮かぶ雲も好き。

カラッと晴れた秋空、気持ちいい。

 

--------------------------------------------------------------------------

 

ある日の保育中。

 

指穴が開きそうな自分の靴下に気づきました。

仕事用の靴下は黒のハイソックス。

 

この歳でキュロット履けと言われるなんて、思ってもいなかった。

最初はスース―する膝に違和感ありありだったのですが、もう5年目ですので慣れました。

 

今どきキュロットなんて、なかなか売ってないです。

好みの色と丈のものを見つけたときは即買いして枚数を揃えました。

 

冬が、さっむい。

膝から北風入ってくる。

タイツの上にハイソックスを履くけれど、出来れば長ズボン履きたい。

 

ハイソックスは、ユニクロで購入。

ユニクロのものって値段と比較すると耐久性があるように感じますが、仕事で使っていると普段使いよりも早くへたれます。

 

その日は0.1歳児混合クラスの補助に入っていました。

〝わ~💦穴、目立たないかな。気づかれたら恥ずかしい〟

 

そんなことを思っていたら、1歳児のそうちゃんが目の前でイタズラをはじめました。

キッチンセットやテーブルの上に乗り出したの。

危ないけど、ダメと言われれば言われるほどやりたくなるのが子ども。

 

そこで

「そうちゃーん、ちょっとこれ見て」と穴が開きそうな靴下を見せた。

 

そうちゃん、こちらをチラ。

ん?っと近寄る。

びっくりするか、ニヤッと笑うかを予想していたのだけれど、違った。

 

顔が引きつって後ずさりし出したの。

 

へっ?

(  ̄▽ ̄)

こわいの?

 

 

悪いらっこ先生は面白がって「ほれほれ」と穴からギュッと足の指を出して、そうちゃんに近づいてみた。

 

そうちゃん顔色を変えて後ろへダッシュ!

柱の陰に隠れてる(笑)

 

かわいい~。

と、思ったら周りの子数人も逃げ出した。

 

なんなの?

ねぇ!

この穴、変な臭いでも出してる⁉

 

f:id:tayorako:20180901193844j:plain

※画像はフリーサイトのもの。本物の足指おばけは取れかけのネイルで上半分青く染まってます。

 

 

 

気づけば、他の先生たちがお腹抱えて大爆笑。

ゲッ!

気づかれないようにとかじゃなく、自分からお披露目しちゃってたわ。

穴も広がっちゃった…。

 

いっか^^

 

 

この日ワルサをしようものなら、足指おばけがにょきっと出るので、そうちゃんはおりこうさんでした。

もちろん、そんな効果は一時的で「高いところは登ったらあぶないよ」と伝えていかなくちゃ…ですけどね。 

 

 

怖がるのは男の子ばかり。

女は度胸ね。

近くに寄って、触りに来て、何でもないと理解する。

わざとキャキャキャとはしゃいで逃げていたけど、本気でビビってる男とは違う(笑)

 

 

あ~、楽しかった。

 

こんなことばかりしているわたしです。

補助は色んなクラスに左遷(?)の日々なのですが「毎日らっこ先生、リクエスト」「わーい、今日らっこ先生」って常勤の先生が言ってくれると照れるやら、 笑いへの気合いが入るやら。

 

先日は朝の時間だけ3歳児にいて、3歳補助の先生が出勤してきたので、2歳児クラスに行こうと思ったら、ある女の子が服を掴み、

「〇〇先生(3歳補助)と2人いていいよ」と。

「ありがと。先生、〇ぐみに行かなくちゃなんだ」と伝えると

「ん………またくる?」って。

ぎゅっと抱きしめました💕

 

女の子を育てたことないし、わたし自身は全く素直なタイプではないのですが(  ̄▽ ̄)v

気持ちを伝えるのが上手な女の子が多いな~って思う。

男はね、かまってほしいと叩いてくる。痛いって…

 

 

現実世界でかなりのコミュ障なわたし。

幼稚園や保育園はほぼ女の世界なので、面倒なことも多くて、根を張りすぎないようある程度の期間働いたら転職しています。

今の職場は休憩時間がないため(過酷)私生活などの余計な話はほとんどナッシング。

昼食も子どもたちと一緒。

掃除の時間は1人で黙々と出来る場所を見つけてやる。

 

でも保育中は、みんなで子どもたちを囲んで成長を見つめて、とにかくゲラゲラ笑って仕事してます。

 

こんなふうに自分の子育てしたかったなぁって思う。

 

現実的には、よその子=わたしが第3者だからこそ理性的に接することが出来ているだけなんですけどね。

 

幼稚園教諭だから、保育士だから子育て楽勝でしょって言われたことがあるけれど、それは違う。

小さい時の一対一って本当に大変。

わが子ってダメな部分を自分や夫と重ねるので、ついイライラしちゃうのよ。

そして母親って24時間勤務だもの。

そりゃ疲れるし、バテるわよ。

 

わたしも失敗しながら、振り返りつつここまで来てます。

 

だからこそ、今

子育てが、保育が楽しい。

 

もちろん、失敗してどんよりする日もたくさんあるけれど。

 

 

 

靴下くん、お疲れさま♡

靴磨き隊に移動してください!

 

気をつけ!

れい!

ありがとー。