たよらこそだて

幼稚園教諭と保育士経験をそれぞれ10年以上。自閉症児やダウン症児の加配、息子の子育てから学んだあれこれを書きます。

わたしが思い描くこれからの保育

里山保育の体験から感じた現在の保育の問題点と、わたしが思い描くこれからの保育について書きたいと思います。 現実の世界に戻ったら運動会練習でした 自然の中で伸び伸びと自分らしく過ごす里山保育の体験を終えて現実の保育に戻ると、運動会練習の真っ最…

【里山保育】自然の中で伸び伸びと、自分らしく過ごす子どもたちと出逢ってきました

講座で知り合ったYちゃんのお誘いで、自然に囲まれた里山保育を体験してきました。 電車で2時間以上、最寄りの駅からさらに車で30分。 そこはとても素敵なところでした。 里山保育やまっこかわっこ 到着した場所に立っていたのは、一軒家です。 隣には川が流…

【NVC】自分らしく生きるってどういうこと?

「自分」を知らなかったわたしは、「自分らしい」の意味がイマイチ分からなかった。 半年ほど前に、ブログに対しての思いを書いた記事の一部です。 距離が近いからこそ生まれる悩みもあるけれど、それは自分の中で上手く消化していけばいいし、心底ダメと思…

親知らず抜歯から数週間後に腫れだした顔、原因と対処方法は?

歯科矯正後に親知らずを抜いた理由 前回、中学生から始めた息子(希生(けい))の歯科矯正について書きました。 昨年の夏(2018.7月)に矯正器具が外れたあと、下の親知らず2本を抜きました。 理由は、綺麗に並んだ歯並びを両側から押す形で生え始めていた…

中学生からの歯科矯正・かかった費用と時間、メリットとデメリットも

現在高校2年生の息子(希生(けい))は中学3年生~高校1年生の夏まで歯科矯正をしました。 現在矯正器具は外れて、保定のためのアフターケアをしています。 アフターケアの一環で親知らずを抜いたのですが、それが原因でこの一週間かなり大変でした。 情報…

【保育】2歳児を全力で受容してみる

創りたい世界が見えてきても、わたしのできることは限られています。 今日できることは何かを考えながら、仕事へ向かいました。 自分の中のテーマを「受容」に決めて園に到着。 子どもの気持ちにとことん寄り添ってみた結果、いつもと違うものが見えたり見え…

【幼稚園教諭・保育士】幼保小連携について考える

少し前に受けた研修と、そこから見えてきたことについてまとめます。 研修内容は幼保小連携についてです。幼稚園教諭と小学校教諭が参加していました。 幼保小とは幼稚園、保育園、小学校のことです。 幼保小連携が必要な理由 連携が必要な理由は、小学校入…

この夏のセルフアウェアネス

セルフアウェアネスとは セルフアウェアネスを一言で表すと自己認知。自分自身への気づきや見立てのことだそうです。 変わりたいと思うとき、改善点を探しますよね。わたしの得意な自分のダメなところ探し。 改善点ではなく「研究テーマを見つける」と聡子先…

子育ては、自分をどこまで掘り下げられるかに挑戦する旅

息子との衝突 その日、わたしは幼稚園教諭研修で夕方6時近くに帰宅しました。 慣れない座学でクタクタ。 そろそろ夕飯作り始めなくちゃ…と思うけれど、体が言うことをきかない 希生(けい)(息子)が「何時ごろ夕飯?」と聞きました。「分からない。今動け…

子育てはずっとワンオペだった。夫が子育てに参加出来なかった理由の糸口を発見する。

高校2年生の希生(けい)(息子)はこの夏、何校ものオープンキャンパスへ行きました。 高校選びのときには二人三脚だったな。 大学選びを楽しむ姿に成長を感じて、眩しい。 大学のパンフレットを取り寄せ、自分の受けたい授業がどれくらいあるのかをチェッ…

【子育て】子どもへのサポートに必要だったことを学びました

もしも希生(けい)(息子)に「学校に行きたくない」と言われたら、どうしていたのだろう。 高校生になった今なら、動揺はしても受け入れられるような気がする。 小学生の頃だったら…? フルタイムの仕事に父の入院で、毎日がバタバタ嵐のように過ぎていた…

封じ込めた感情はどこへ?母への感情を吐き出したその後

前回の記事をたくさんの方に読んで頂き、ありがとうございました。 今日は、気づけないままの感情がまだたくさんあったこと。その感情はどこから来てどんなふうに作用するのか、わたしが感じたことなどを書いていきたいと思います。 ワークで次々に発見した…

自分の感情に気づける喜び

NVCを学んでいます 思いがすれ違ったとき、どうしていますか? ダメな自分を責める感情 挑戦までの壁 自分の感情に気づける喜び 先生と先生の投稿をご紹介します 講座を受けていくうちに変わっていったこと NVCを学んでいます NVCはNonviolent Communication…

【HSC・不登校】協調性や社会性を重視される教育から個が尊重される社会へ、今わたしが出来ること

「学校に行きたくない」と言われたらどうしますか 以前、HSCについて書きました。 www.tayorako.com 希生(息子)はその気質を持っているように感じています。小さな頃と比べると和らいだものの、今も学校や教育のしくみには人一倍敏感です。 自分が自らやり…

【子どもの急性膵炎④】脂質制限中の学校給食や旅行はどうしたら良いの?

退院後の食生活 給食の心配 修学旅行の食事 海外研修での食事 まとめ 退院後の食生活 退院後の脂質制限と給食対応、旅行時の食事についてメモします。 一食あたりの脂質は25gまでに抑えるように指導されました。 ご飯にハンバーグ、コーンスープにサラダや添…

【幼稚園・保育園】園による造形・絵画指導の違い

幼稚園・保育園で行う造形遊び 絵を描くことが大好きだった幼児期 園によって指導方法が違う? 自由な造形遊びには個性と個人差がある 一斉保育の中で個性を出す工夫 造形の勉強をしてきました 180度斜め折り回転構造でポップアップカード 不思議の国のアリ…

【魔の2歳対処法】保育で使っている言葉がけ

魔の2歳児に日々立ち向かうあなたへ トイレに行きたくない件 ☆おままごと最中のAちゃん ☆戦いごっこ最中のBくんとCくん ☆お外でブランコ遊び中のDちゃん ポイント 好きな物しか食べない件 何が嫌だか分からないけれど泣いて荒れる件 先生になりきれない日だ…

【子どもの急性膵炎③】長期入院時の勉強対策

入院中の一日 授業を受けられない不安 自主学習以外の勉強方法 タブレットはOCN モバイル ONEで契約しました スマホやタブレットで出来る勉強方法 授業の遅れ 入院から得たもの 入院中の一日 絶食時は、食べることも出来ずにずっとベッドの上です。 体調が良…

【保育園・幼稚園】うちの園、普通ですか?ブラックですか?

急性膵炎の続きを更新したかったのですが、途中からなかなかペンが進みません。 続けて濃い内容を書いたので、パワーダウンなのかな。 入院中の勉強や学校生活の脂質制限だけでなく、中学時代の修学旅行や高校に入っての海外研修時も脂質制限の壁が立ちはだ…

【夫婦の亀裂】子どもの入院や受験で夫婦関係が悪化!そんなときどうする?

入院で得たもの・失ったもの 息子(希生)が急性膵炎で入院していたあの頃、一日一日を過ごすことがやっとで心も体も疲弊していました。食べたいのに食べられない希生を見ていると、わたしも食欲が湧かず痩せていきました。 そんな時、マイペースに日々を送…

【子どもの急性膵炎②】繰り返される痛みにリリカの服用・急性膵炎から慢性膵炎へ?

何度も繰り返す痛みの原因 神経性疼痛(とうつう)とは リリカの服用開始 遺伝子検査を受ける MRI検査・内視鏡検査 看病と家事と仕事 やっと退院 脂質制限開始 繰り返す入退院 急性膵炎から慢性膵炎へ? 何度も繰り返す痛みの原因 3回目の救急車で急性膵炎と…

【子どもの急性膵炎①】原因・症状・入院・治療について

急性膵炎とは 急性膵炎の原因 発症 症状 入院と治療 何度も繰り返される痛み 急性膵炎とは 急性膵炎とは、膵液に含まれる消化酵素に膵臓自体が消化されてしまうことにより、膵臓や関連する器官に急激な炎症が起こる病気を指します。 膵臓は、口から摂取した…

【保育士と幼稚園教諭の違い】学ぶ内容・給与・仕事内容、どちらがラク⁉

保育士と幼稚園教諭 今日は保育士・幼稚園教諭の資格の違いや仕事内容の違いについて書きます。 保育士と幼稚園教諭 保育士 幼稚園教諭 給与は違う? 仕事の内容の違い どちらがラク⁉ どんなタイプがどちらに合う? 幼児保育が合うタイプ 未満児保育が合うタ…

【子育て】育てた息子に育てられた日

久しぶりに現在の息子について書きます。 つい先日、すごく嬉しいことがあったのです。 中間テストで、苦手な数学の点数を大きく落として人生初の赤点(もしくは赤点に近い点数)を取ってしまったみたいなのです。 何となく悶々としているなぁとは感じていて…

【産後クライシス】妻の気持ちと夫の気持ち

産後クライシスとは 出産後2~3年の間に夫婦関係が急激に崩れる現象です。 少し前のデータのようですが、 出産後夫が育児サポートをした人は全体の64% 夫婦の危機が訪れた人は全体の43% 夫婦の危機が産後に訪れた割合は?【夫婦関係調査レポート】- キッズ…

【子どもの病気】喘息性気管支炎と小児喘息

男の子は女の子よりも身体が弱い? 息子(希生)は体が強くありません。 すぐに風邪をひき、熱を出す。 「男の子って小さいうちは、体が弱いのよ。でも、大きくなるにしたがって体が出来ていくから大丈夫」 そんな言葉を何度も聞きました。 男の子の身体が弱…

多動?ADHD?多動気味の子への接し方

以前、タッくんについて書きました。 新しく入園した1歳児にとても可愛い目をした男の子がいます。タッくんということにしておきますね。タッくん、色々な物に興味をもち好奇心旺盛です。常に走っています。高い所も好き。狭い所も好き。今年から慣らし保育…

【保育のヒヤリハット】子どもの熱中症にご注意を

暑い時期の保育 体温調節機能が十分に発達していない子どもたちは、大人よりも熱中症にかかりやすいと言われています。 喉が渇いた、暑さでクラクラする。そんな感覚も鈍いですよね。 大人なら、何だか気分が悪い…熱中症かもしれないから、部屋の中の涼しい…

トイレトレーニングの時期とコツ

最近のトイレトレーニング事情 3年保育(年少)で入園してくるときのおむつ率が、年々増加しています。20年前におむつで3年保育を始めた子は、わたしの周りではいませんでした。 もちろん、漏らしちゃう子は何人かいました。 でも、みんなパンツでした。10年前…

【保育園・午睡】2歳児寝ない問題 

この時期2歳児クラスで起こることの多い問題。 寝かしつけにすごく時間がかかる。 それも、なぜか持ち上がりの子で1歳児クラスでは眠ることが出来ていた子が急に寝なくなる。そんなことはありませんか? 寝たくないのか眠くないのか 寝るか寝ないかよりも大…