幼稚園教諭と保育士経験をそれぞれ10年以上 自閉症児やダウン症児の加配、息子の子育てから学んだあれこれ

たよらこそだて

保育・教育

保育現場で長く愛される絵本10選

今日は現場で長く愛されている絵本を10冊ご紹介します。

と言っても確かなデータがある訳ではなく、幼稚園教諭歴10年・保育士歴10年の経験とわたしの独断と偏見😋で選んだ

子どもに長く愛される絵本10選

0歳から5歳まで年齢によって難易度や好みも変わります。

幅広い年齢で愛される絵本もあれば、読むのに適切な年齢の絵本もあります。

ランキング形式ではなく

①→⑩

難易度高め→難易度低め

となっています。

すてきな三にんぐみ

4~5歳児に人気の絵本です。

見た目にパッと目を惹く何かがあるわけではない。

色もカラフルじゃないし。

でも何度も手に取る子が多いです。

いかにも悪そうな顔をした男三人が、みなしごの女の子と出会って生き方を変えていく…という素敵なお話し。

子どもって怖がりつつ、泥棒やおばけの絵本が好きよね。

三びきのやぎのがらがらどん 

可愛い要素はないけれど、2歳児から5歳児まで幅広い年齢に読まれています。

トロルごっこもよくします(わたしはもっぱらトロル役)。

やっぱり怖いもの見たさなのか、正義が勝つのが気持ちがいいのか。

トロルが切り刻まれる描写は、神経の細い子には注意です。

希生は小さい頃、悲しいものや怖いものは拒否だったので、この絵本を読んであげたことはありません。

ピーマンマンシリーズ

戦うシーンとかキックやパンチ、好きですよね。

野菜の戦士ピーマンマンのカッコ良さ。

そしてカッコ悪さも。

両方あるからこそ「ぼくも(わたしも)頑張って見る!」と思えるのかな。

絵本を読んだあと、苦手なピーマンを口にするミラクルを何度も目にしてきました。

ピーマンを口に入れてみたら、食べられた。自信に満ちた子どもの表情に出会えた時は感動です(*^^*)

「かぜひきキン」や「よふかし大まおう」もおススメです。

14ひきのシリーズ

世界中で読まれている大ロングセラーの絵本。

いわむらかずおさんの絵はあたたかくて、ファンの方も多いのでは。

どのシリーズも好きですが、お勧めは「ねずみのいもほり」

14ひきの個性も楽しいけれど、ねずみのお父さんが頼れるスーパーパパなの。

大きくて持ちきれないお芋をどうやって持ち帰るのか…

ぜひお読みください♡

くれよんのくろくんシリーズ

やっぱりシリーズ化されているものって強いですよね。

飽きてきても新しい物語を読めば、古い方も読み返したくなるもの。

くれよんのくろくんを読んだ後は、大きな紙とクレヨンを準備してね。

子どもたちとくろくんたちを真似て、自由にクレヨンを走らせます。

子どもたちの想像は絵本を軽く超えていきます。

その瞬間に立ち会えるのが、この仕事の醍醐味。

ぜひ大人も一緒に楽しんじゃってください。

わにわに絵本シリーズ

表紙を見て分かると思うけれど、子どもに人気=かわいい絵なわけではないの。

わにわにの顔はちょっとコワい。

動きはお茶目。

そんなギャップが子どもたちから好かれる秘密なのかな。

仕事を休んだ翌日、わたしに「きのうどこにおしごといってた?」 と聞く可愛いけんちゃんは、この絵本を読んであげると当分はわにわにになって、移動はずりずりしています。

おべんとうバス

納得の王道入り絵本。

可愛い&カラフルな絵。

乗り物に身近な食べ物。

「ブロッコリーく~ん」

「トマトちゃーん」

野菜を呼んだあとに、子どもたちの名前も呼んだりします。

中には照れて隠れちゃう子もいるけれど「ぼくもよんで!」「わたしも」とウキウキして待つ子の表情が可愛い。

ぼくアンパンマン

10選に入れるかを迷ったのですが、やっぱりやなせたかしさんはすごいです。

リアルに毎年この絵本が0.1歳児の取り合いになります。

でね、アンパンマン派と

バイキンマン派に分かれます。

そして少数のドキンちゃん派とメロンパンナちゃん派。

このシリーズを全部手に持っていたい子もいます(笑)

希生は一度もはまらなかったアンパンマンですが、7~8割の子どもがアンパンマンを通過して成長していく気がする。

きんぎょがにげた

こちらも王道のロングセラー絵本。

五味太郎さんの絵って、独特な雰囲気がありますよね。

絵本をめくりながら、きんぎょがどこに隠れているのを探します。

「あ!きんぎょ」

「あったあった!!」

初めてなら分かるんだけど、何回読んでも興奮出来るって何でなんだろ。

ふしぎな魅力のある絵本です。

だるまさんシリーズ

この絵本すごいですよ。

0歳児も1歳児も2歳児もケラケラ笑います。

そしてだるまさんの動きをまねる。

一緒に転んで、一緒にしぼんじゃう(ぷしゅー)笑。

言葉も少なく簡単なので、1歳児クラスで暗唱しちゃう子続出です。

【番外編】息子が大好きだった

図書館に行くたびに、くまたくんシリーズを選ぶ希生。

甘えん坊のくまたくんを自分と重ねていたのかな。

シリーズ全て×何回読んだか分かりません。

わたしの好きな日本昔話やグリム童話も読んでみたけれど、反応薄かった。

同じ本を何度も読む効果について当時は知らず、たくさんの本に触れさせたほうがいいのかなと思っていました(あと、同じもの何回もは大人にとってキツイ💦)。

無理は出来ないので、一日の中で好きな本に触れる時間を大切にしながら、わたしの読みたい本を「ママこれ読みたいから、一緒にきいてくれる?」と読んでいました。

 

【番外編part2】パンに関するおススメ絵本

パンが大好き&ハナ部長率いるパンサークルに加入しているたよらこです。

パンに関する本もご紹介しちゃいますね!

ぽんちんぱん

これも0~2歳ケラケラ笑います。

音の響きがいいし、美味しそう♡

いもむしパン

最近知ったばかりの、すごく楽しい本です。

読んでいて、ワクワクしてしまいました。

いもむしパンフェアも開催されてことがあり、パン屋さんとコラボしていもむしパンが売られていたらしい。

SNSで「いもむしパン」と検索すると、実際に作っている方がたくさんいてその可愛さに驚きます。いつか作ってみたいな♪

 

最後までお読み下さり、どうもありがとうございました。

\ 応援クリック&シェア、どうもありがとうございます /

にほんブログ村 子育てブログへ

-保育・教育

Copyright© たよらこそだて , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.