ほどほど庭の tayora koffie☕

子育て・仕事・趣味について ほどほど庭でお茶しながら話しませんか

本当は嘘かもしれない私立高校のウワサ

昨年の今頃は血眼になりながら、高校の情報を集めていたのよね。

全て集めきれないし、集めた情報も実際通ってみると違うこともある。

周囲からも「こんなはずじゃ~!」的な声が聞こえてきています。

 

 

息子(希生)は現在、公立高校へ通っています。

今までもずっと公立ですし、わたしも夫も高校までは公立派。

この周辺では中高一貫校という選択をしている家庭は、かなり少数です。

 

夫家もらっこ実家も、勉強に熱心な家庭ではありませんでした。

学習に関してはお互い、ほぼ放置で育てられました。

 

希生は公立も私立も視野に入れて真剣に考え、結果公立に入学をしました。

なので、先にお伝えしますが…

アンチ私立ではありません。

 

私立高校へ進んだ周囲のかたの話が、公立育ちのわたしにはカルチャーショックで、誰かに話したいのであります。

 

もちろん私立高校=すべて同じではないと理解しています。

各高校にいい部分やブラックな部分がある。

それは公立も同じ。

 

--------------------------------------------------------------------------

この記事に登場する情報はあくまでも一聴であり、その真偽を確定するものではありません。

『ホントだべか!?』という姿勢でお楽しみ頂けると幸いですm(__)m

--------------------------------------------------------------------------

 

①入学と同時に一人一台のノートパソコン(学校指定)を購入させられ、授業に使用

時代ですね!

一人一台ってさすが私立。 

スマホは頑張って管理しているけれど、そのパソコンが管理しきれないと、友人が嘆いております。

学校として子どもに持たせるならば、使える範囲をセーブして渡そうよ…と思うのですが…。

 

 

②靴やバック、上ばきに冬物コートまで指定&高校名が記入

イチイチ高いらしい。

そりゃそうか。

希生の友だちが通うある私立高校(野球で有名)では、休日も学校名がついているものを必ず1つは持って出掛けるようにとの御触れ。

マジかーい!

生徒は歩く広告塔ですか?

 

一緒に遊ぶ際に、高校バック持参で来た友だちに引いた希生。

「僕なら言われてもやらないけどね」

うん…そうだろうね。

素直な子は可哀そうだわ。

 

※おまけですが、今年も甲子園に進んだその高校。

在校生はもちろん卒業して何十年経っても義援金のお願いが届くそう。

 

 

③学費も高いけれど、駅から学校までのバス代がぼったくり料金

バス代貧乏と知り合い2人(別高校)が嘆いております。

駅からの自転車通学は殆ど不可なんだって。

なんでー?!

バス代徴収のため以外になんの理由が…。

 

 

 

④スクールカーストの実態

周辺の私立高校では、学力別にコースが3~4段階に分かれていることが多いです。

上から順に特進選抜やアルファ、総合進学や普通科進学とか…名前は各高校ごとに違います。

・近所の私立高校へ通う息子さんがいらっしゃるかたの話。

(1)〇組~〇組はスマホを自由に使える。

〇組から下は登校とともに下校まで没収(&担任には体育会系の生活指導の先生がつく。他、扱いがクラスによってだいぶ異なるらしい)。

 

・ある私立高校の上位クラスにいる幼なじみの娘ちゃんの話。

(2)階が成績と同じように分かれていて、上の階の子は下に行けるけれど、下の階の子は許可なく上に上がれないとか…。ウソーン。

先生が指導の中で「下(の階)に下がりたいのか!」という差別的な言葉をバンバン使うそう。

そういう言葉に幼なじみの娘ちゃんが精神的にやられていると言っていました。

ホントなの??

(3)毎週到達テストがあり、予習復習にプラスしてテストの対策で時間がないらしい。平均4時間くらいの睡眠じゃないかと…。

到達テストは合格出来るまで毎日続くとか…( ̄▽ ̄;)コワ

そんなんじゃ体を壊しちゃうよ💦

 

部活はもちろんやる時間がなく、上位クラスの子の使命は上位大学や国公立大学の合格のみ。

ま…そういうもんだよね…。

 

公立の上位大学目指せ!部活も頑張れ!文武両道!もどうかとも思うけれど。

大切なのはそういうことじゃない気がする…。

 

・職場の若い先生の体験談。

(4)頑張ってレベルの高い高校に入ることが出来た。

でも、一番下のコースだった。

上のクラスからの暴言がひどくて、精神的に病んだ。

息子の高校選びのときに「やっと入れるレベルの高校を受験することを、わたしはおススメしないです」とアドバイスをくれました。

体験からのアドバイスは深かった。

 

・何校かの話を聞くと、夏休みの宿題の量もレベル的に分けられていて、上位層は可哀そうなくらい出ているみたいです。

 

話を聞いて感じたこと。

 

スクールカーストとか、もう古くない?

学びたいものをそれぞれ学んで伸ばす教育へシフトでしょうよ!

先生が学力で子どもを見てどうするの?

その偏見を子どもに伝えてどうするの⁇

人を下に見ることなんて教えずに、それぞれのいいところを伸ばしてよー!

 

現実的には…

(もしも私立高校に入る場合)

どのコースを選択するのかって、迷うところですね。

どこの高校も上層部のクラスの子は相当大変そうです。

その分大学進学の選択の幅は広がるのだろうから、どちらが良いとも言えないけれど。

学力はもちろん、その子その子のメンタルも考えて選ばないとだわ…と思った次第です。

 

 

 

⑤熱血な先生がたくさんいる

マイナス部分ばかりフォーカスしていますが、羨ましいな…と思う部分もあります。

ある私立高校に通う子の話では、予備校に通ったり、高校の中での特別授業(別料金だそう!ウソーン)にお金をかけられないと先生に相談したら「やる気があるなら放課後に来れば教えてやる」と言ってもらい、ほぼ毎日勉強を教えてもらって帰宅しているそう。

その子の飛び込んでいける勇気はもちろん、それにつき合ってくれる先生もすごい!

希生が数学が分からず、職員室に決死の覚悟で飛び込んだらそっけなくされたとか…( ̄з ̄)

先生一人一人の素質によっても変わるとは思うけれど。

 

受験した私立高校の先生に「予備校に通っている生徒さんは、どのくらいいらっしゃいますか?」と質問したことがありました。

大抵の私立高校は「うちに来ていただければ、予備校なんていりませんよ」といいますが、実態は通っている子も多いのでご注意を(特に上層部)。

その先生は「通っている子ももちろんいます」と言った上で

「予備校に通っている生徒がどんな授業を選択しているかもチェックしているんです。

予備校はお金儲けのためにいらない授業まで取らせようとする。

必要な物だけ選択するようにアドバイスしています。

塾側が拒否したときは直接電話します」と。

す、すんごい…。

そこまで、生徒を自分ちの子として見てくれるんだ…と感動したことも志望理由の1つでした。

 

--------------------------------------------------------------------------

 

人のウワサ話は好きじゃないけれど、見たことのない場所のウワサ話は興味が出るもんだわ。

 

ランチでは、子どものこと。

夫のこと。

仕事のこと…

美味しいものを食べながら、話が弾みます。

 

希生がお腹の中にいるときからの友人と、久しぶりのランチをしてきました。


f:id:tayorako:20180920094659j:image

何だか忘れたけど色んな種類の前菜 


f:id:tayorako:20180920094732j:image

鶏肉とアボカド、揚げナスの焦がしバター醤油パスタ 

 

仲良しが続く秘訣は、程よい距離と間合い(*^^*)

愚痴はお互いほどほどに。

楽しい時間を心掛けています。

 f:id:tayorako:20180920094437j:plain

「かわいいりすだ♡」と言ったら「らっこちゃん、蜂だと思う」と

( ̄0 ̄)⁉ あ…ホントだわ 

 

「次は11月頃にしよっか」と友人。

うん、その距離感ちょうどいいわ。 

「OK。それまで話したいこと溜めとくー」と言って解散。

 

久しぶりに女子らしいランチしたら、お腹がはちきれそう。

一人で美味しいもの食べちゃった感謝と償いも含めて 、夕飯はいつもより頑張って作ります。

 

 

ちなみに職場の私立園もホンマでっか!的なこと、たくさんあります。

私立は創業者の思いが大きく影響していますから、仕方ないのでしょうね。

公立高校のその守りと固さ、なんのため?も数えきれないくらいありますけどね(笑)

 

みなさんにも「本当は嘘かもしれないウワサ」もしくは「嘘みたいだけど本当のウワサ」お持ちかしら。

もし、お持ちでしたらぜひ教えてくださいね♡

 

お題「どうしても言いたい!」