たよらこそだて

幼稚園教諭と保育士経験をそれぞれ10年以上。自閉症児やダウン症児の加配、息子の子育てから学んだあれこれを書きます。

自閉症児を理解していないわたしが自閉症児の加配になった日

わたしを成長させてくれることになるFくんとの出会いは、平成20年7月でした。
その日からFくんが卒園する23年3月までの2年8か月、わたしは担任ではなく加配保育士として関わります。

加配という言葉を初めて聞いた方もいらっしゃるでしょう。

加配と保育補助の違い。

Fくんの入園当初の様子。

わたしとFくんのスタートについて書きます。

 

 

加配と補助の違い

生まれつきの発達障害などで、他児と同じように保育園の生活を送ることが難しいお子さんに配慮を加え、生活を支える役割を担います。

 

補助はクラス全体を見ながら、その時々に困っている子に手を差し伸べます。
加配はほぼ対象児(Fくん)だけを介助します。

※もちろん園によって違います。

 

入園当初のFくんの様子

入園してすぐに、専門機関で知的障害発達障害と診断されたFくん。
言葉はほぼオウム返しでした。

要求は指さし。 

自分の欲求や思いが通らないことがあるとパニックになり、奇声を発しました。
体が大きく人や物への体当たりもあり、目が離せない状況でした。

 

お恥ずかしい話なのですが、加配になった当時のわたしは自閉症の名前と特徴は知っていたものの、自閉症児とどう関わったらよいのか分からない低レベルの保育士でした。

Fくんの加配の前にはダウン症児の加配を、その前にも発達障害児との関わりの経験があり、どうにかなるかなと思っていました。

FくんやFくんのご両親に対して、本当に失礼でした。

 

補助やパート職員の現実

発達障害専門の機関を併設していない保育園や幼稚園で、発達障害の子の補助や加配に当たるのは、パート保育士やパート幼稚園教諭の場合が多いです。

職員は担任として、子どもたち全体を見ます。

フリーや補助まで正規職員でまかなえている保育現場は少ないと思います。

パート保育士やパート幼稚園教諭が発達障害を理解しているかというと、その差は大きいと思います。

ある程度の経験があれば、
「あれ、この子はもしかしたら発達障害かもしれない」
と感じることはあります。

でも、その子が発達障害なのかは判断出来ません。診断できるのは、医師だけです。

診断が出ても医師が関わり方を教えてくれる訳ではありません。

 

発達障害児に対応できる専門職

関わり方を教えてくれる専門職は、

  • 臨床心理士
  • 臨床発達心理士
  • 音楽療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 特別支援学校教諭
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士

など。

療育の勉強をした保育士や幼稚園教諭も。

 

「発達障害」と一言でくくっていますが、その種類や特徴は幅広く、その子にとって良い関わり方が1人1人違うので、こんなに多くの職種があるのだと思います。

発達障害への理解も深くなってきて、研修や勉強会も増えてきました。
ここ最近のことです。
研修に参加するのは正規職員が多く、子どもを抱えたパート職員などは仕事以外で研修に行く時間はなかなか取れず、理解が遅れてしまうという現実があります。

東京には療育施設が公私のものともたくさんあるそうですが、私が住んでいる地域には発達障害の子が通園できる施設も少なく、理解の進みも遅いように感じます。

 

ボロボロの加配スタート

Fくんとのスタートから数か月。

毎日がボロボロでした。

きっとFくんにとっても、最悪な数か月だったと思います。
ごめんなさい。

日々の奇声と体当たりと、パニック。

どうしていいか分からなかった。


その頃勤めていた園は発達障害への理解はなく、クラスにいるとほかの子に危害を与えないように、保育の邪魔にならないように「なるべく外遊びをしていてください」と言われました。

その言葉は衝撃的で、悲しかった。
担任の先生は、Fくんと関わろうとはしませんでした。

1日中、その子と園庭で遊んでいました。
一緒に…といっても信頼関係がなかなか結べない。
目が合わない。
会話ができない。

2人でいるのに、1人ぼっちの気分でした。
きっとそれはFくんも。


そんな最悪な状況から抜け出すきっかけをくれたのは、その地域の園を時々巡回していた特別支援学校の先生でした。

Fくんとの関わり方で参考になったことは、発達障害児だけでなく普段の保育や子育てに参考になることがいっぱいでした。

 

発達障害の子に伝わる方法は、どんな個性を持っている子にも当てはまる方法です。

 

Fくんと出会ったころ、息子は5歳。
自分の子育てにも大きく影響しています。

続きます。

 

 

☆続き記事