たよらこそだて

幼稚園教諭と保育士経験をそれぞれ10年以上。自閉症児やダウン症児の加配、息子の子育てから学んだあれこれを書きます。

オンライン英会話や海外研修で英語力は伸びるのか

レアジョブを開始して一年経過

息子(希生)がオンライン英会話を開始して一年が経過しました。

レアジョブに決めたのは、講師のフレンドリーな雰囲気と月8回コースに惹かれたからです。

月8回コースは4.200円(1レッスン525円)

毎日1レッスンコースは5.800円(1レッスン187円)←かなりお得!

毎日レッスン出来たら効果は大きいのでしょうが、現実にはそんなに時間がありません。

平日は課題や復習などであっという間に就寝時間になってしまう。

週末に予約を入れてレッスンを受けるのが、今のところのリズム。

一年以上続けて分かったことをまとめます!

 


f:id:tayorako:20190317092631j:image

 

レアジョブのデメリット

まずは愚痴から…

レアジョブの講師はフィリピン人のみです。

日本人の時間感覚が特別だとも言われますが、講師の中には時間にルーズなかたもいます。

レッスン時間は25分ですが5分近く遅れてコールしてきたり、遅れてコールしてきたのに終了時間前に「グッバーイ」とか。

っ( ̄0 ̄;)?

希生は「仕方がないよ。そういうお国柄なんだから」と言いますが、内心モヤモヤ……。

話しやすいと言われればお気に入り講師にブックマークしますが、本心では「違う講師見つけようよ」と思っています。 

同じ講師ばかりの予約はお勧めしません。

ルーズさが増したり、こちらの会話を引き出す努力が薄れたり、フレンドリーを越えてなぁなぁの雰囲気に陥っていくのが感じられます。

 

レッスン内容

気の合う先生との会話のはじめは「hello!」のイントネーションを変えて2人で何回も言い合っています。

気持ちがほぐれたところで「今日は何していたの?」「勉強していたのかい?進みはどう?」「何の本読んでいたの?」などの会話へ。

その日ごとに無料テキストもあるので、それをもとにしたレッスンと雑談を含めて25分。

初めの頃は聞き直したり、伝えたいことが英語に変換出来るまでに時間を要したりしていましたが、今は会話が止まることはなくスラスラと話して、時にはジョークを言って笑っています。←母、内容は分かっていません!

自宅にいながら海外のかたとお話し出来るって、すごい時代ですね。

 

講師選択方法

希生的には、お気に入り講師2~3人を順に回ってレッスンしたいみたいです。

その思いに寄り添いつつもお気に入り講師の予約が取れないときには、新しい講師を見つけられるようサポートしています。 

新しい講師をどう選んでいるかというと、講師検索から講師一人一人の欄にある自己紹介の音声を聞きます。

f:id:tayorako:20190316213034j:image

声を聞いて、聞き取りやすいかどうか、性格が合いそうかどうかを予想。

たくさんの先生の中から数人に絞る作業をしておくだけで、新しい先生へのチャレンジの壁は低くなります。

最近アプリがあることに気づいてインストールしてから、予約を取るのがすごく楽になり自分で予約をするようになりました。

 

オンライン英会話メリット

レッスン中、わたしは洗濯物を畳んだり、アイロンをかけたり、クラフトをしながら過ごしています。

聞こえてくる英会話から、どんなことを話しているのかはざっくりとなら分かる。

話が盛り上がって楽しそうだったり、質問された内容に対して一生懸命伝えようとしていたり、英会話が少しずつ上達していく瞬間を感じながら過ごすこの時間が好きです。自宅レッスンならではですね。

大きくなるにつれて、成長の瞬間が見えづらくなります。英会話に向き合う希生の姿を見られる貴重な時間だと感じています。 

 

海外研修の効果

夏休み中の海外研修はそんなに長い期間ではなかったですし、同級生や先生も一緒で英語漬けの環境でもありませんでした。

刺激をたくさん受けて、英語を学ぶ意欲をあげられたとは思いますが、短期研修で英語が上達するわけではありません。

やっぱり、コツコツと学び使っていくことが上達につながるのですよね。

 

Duolingo(デュオリンゴ)の効果

小学生高学年から続けていたDuolingo(デュオリンゴ)は高校生になってから少しずつ離れていきました。

時々送られてくるメールでふくろうくんが泣いていて、それを見て慌ててちょっとやるくらい。

f:id:tayorako:20181001075334j:image

泣かれると心が痛むみたい。

Duolingoも心理を上手く突きますね。

ボランティアで近所のかたに教えて頂いていた英語教室も、高校に入ってからは時間が取れずに辞めました。

塾にも通っていないし、現在オールフリーで勉強全般頑張っております。

 

レアジョブをやる時間もないくらい忙しい週末が続くこともありますが

「時間はないけど、辞めたくはない。この先必要だということは目に見えている」

のだそうです。 

英単語は毎日寝る前に声に出して覚えるのを日課にしています。

疲れで朦朧としながら発声していることがあって、お経のように聞こえてくると「やめて早く寝なされ」と思っていますが、口にフタ( ̄* ̄)

いつか海外旅行に一緒に行ったら、通訳係をお願いします~!

 

英語が話せるようになるには

英語を学ぶには、目的をしっかり持っていること、楽しむことが重要です。

小さいうちはなかなか目的を持つことは難しいので〝楽しむ〟ですね。

今はアプリやSkypeを使って簡単に英語に触れたり学んだり出来ます。どんどん活用してください。

  1. 単語を覚えるアプリ
  2. Duolingoなどの単語から短い文章を扱うアプリ
  3. ある程度の短文が作れて、自己紹介が出来るくらいになってからのオンライン英会話

無料のものがたくさんあるので、ぜひ活用してみて下さいね!  

以上、英語が全く話せない母が現場からお伝えしました。

 

 

 

www.tayorako.com